2014-10-18

不確かな将来。タイの奴隷ロヒンギャ。

経済

BBC Newsは、少なくとも5年間、タイのアンダマン海岸(Andaman cost of Thailand)は、ミャンマー(ビルマ)で迫害を避けるイスラム教の少数グループのロヒンギャ(Rohingyas)に対して、いくつかの恐ろしい乱用の現場になっていると報告した。

2009年には、タイの海軍が、ロヒンギャが詰められ、海へ漂流するためにそれらを残すボートを曳航していると分かった。

そのとき、何百もが死んだと考えられている。

より最近、タイの警察と軍関係者は、土地に打ち寄せたロヒンギャをタイの人身売買人へ売ったことで非難された。

これらの乱用は、一部分人身売買に関する毎年の米国報告書で最低のランクにタイを格下げした。

連続のタイ政府は、これを撲滅すると約束した。

しかし、ジャングル・キャンプにおいて捕虜にされている171人の主としてバングラデシュの男性の最近の発見は、どれだけまだ行われる必要があるか示した。

ロヒンギャの日和見主義の開発としてスタートしたものは、組織された奴隷売買に変化したように見える。

その人たちのうちの81人は今、タクワパー郡(Takua Pa/ตะกั่วป่า)の地方自治体ホールで保護されている。

彼らは、それらの捕獲者によって負わされたある看護醜い傷で、そこに無関心に座っている。

時々、それらが苦難をリコールするとともに、涙はそれらの顔を滑り落ちて、バングラデシュの家および家族について考える。

彼らはすべて非常に同様の話をする。

18歳のアブドラヒム(Abdurrahim)は、、彼がより多くの食物を求めた後、彼のガードマンのうちの1人によって与えられた彼の膝の傷で、まだ、足を引きずる。

もとはバングラデシュ北部グラ(Bogra)からで、彼は、首都ダッカ(Dacca)で仕事を見つけようとしていると、初老の人が1日当たり約US$6を払う仕事を彼に提供すると伝えた。

コックス・バザー(Cox's Bazaar)へこの人と旅行し丘陵に小さな家へ取り上げられた、と彼は言った。

そこで、では麻薬が混ぜられて、忙しく、ボートに搭載された。

彼は海上で7日か8日を過ごした、と彼が言った。
なおここで、彼は繰り返し打たれた。

その後、グループはタイの海岸で降ろされ、マングローブ森林の中に隠されたキャンプに連れて行かれた。

それらは私たちに食物を与えなかった、
「私たちは葉を食べることにより生き残りました。」と彼が言った。

ミャンマーとの国境へ接近しているテクナフ(Teknaf)からの27歳のアブサル・ミア(Absar Mia)は、3人の幼い子どもと一緒であった。

「私の心は自宅に燃えています。」と彼が言った。

「私が考えるのは、私がどのように帰宅することができるかです。私はどのように再び母親に会うことができるか?私がどのように小さな息子、また、娘に、再びに会うことができか?そのため、私は叫んでいます。」

彼は、人によって仕事を提示され丘の上に彼のために応対しているがテクナフに近づくことを説明した。

急に、彼はつかまえられた、手は結ばれた、彼の口はギャグを使った。

彼は、ボートに連れ出され、打たれたとともに、苦闘したと言った。

アユーブ(Ayub)は、南東バングラデシュのチッタゴン(Chittagong)の農業の労働者として働いていた。だが仕事が尽きたと彼が言ったとともに、人は、彼がコックス・バザーへ行くことを提案した。

そこで、彼は、急に自分が縛られ、彼が既に人々で混んでいていたと言ったボート上に強要されてつかまれているのを見つけた。

彼は、それらがどこへ彼を連れて行っているか繰り返し尋ねたが、彼が黙らなかったならば彼を殺すとガードマンが脅したと言った。

彼も3人の子どもがいる。

地方の地区チーフであるマニット・ピアンチョング(Manit Pianthiong)の決定により、追跡され、彼らは捕獲者から救われた。

マニット・ピアンチョングは、そのエリアの28年のベテランで、9か月前にチーフになった。
彼は、タクワパー郡(Takua Pa/ตะกั่วป่า)のぎざぎざした海岸線に沿って進む人身売買に精通している。

マニット・ピアンチョングは、密輸する形式をすべて抑制しようとしていると言った。
しかし、彼は人身売買の貿易に特に注目している。
彼は、それは全国のイメージを破損していると言った。

彼は、保持されている人々の大きなグループの任意の表れについて、彼に警報するために人々の海岸に沿ったコミュニティーで魚取りをすることを助長している。

そのようにして、彼は、主としてバングラデシュの人のこれらの3つのグループおよび少数のロヒンギャに関して聞いた。

37人の最初のグループは先月見つかった。

その後、10月11日に、彼の部下は、53人の別のグループを追い詰めた。

最後のグループは、81人に、10月13日に道の近くの森林キャンプで囲まれた。

それらは権威を回避しようとして、あるキャンプから別のキャンプにガードマンによって追い込まれた。

マニット・ピアンチョングは、さらに多くが救われず売られたかもしれない、と考えている。

ガードマンのうちの2つは今拘留された。

それらのうちの1つはバングラデシュ人によってそれらの捕獲者の中で、それらがケケ(Keke)と呼んだ人が最も残忍なものであると確認された。

また、この人は、彼の上司は裁判にかけられるように、バンコクで政府に依存している。

不法移民
マニット・ピアンチョングは、地域で、強力な接続を持った人々の売買をするキングピン(kingpins)を追い求めたいと言tuた。

しかし、それは、後退して、はるかに強くなることを彼に要求する。
したがって、まだ、それは起こっていない。

バスコ・ダ・ガマは、インドで奴隷に売られた。
千利休が居たころに大阪堺の町は、日本人奴隷市場があり、マカオ、上海、ルソン、シャム、インドのゴア、さらにヨーロッパまで売り飛ばされた少女もいたと聞いたことがある。
しかし、今も同じようなことが東南アジアでは起こっている。
さらに、海賊もまだ出没している。

また、脳天気な観光客も売られていると聞いたことがあり、安心できない。

2014-03-06---ミャンマーの町をロヒンギャは、カットされた。
2014-03-01---国境なき医師団は、ミャンマーの仕事を再開することを認められた。
2014-02-28---ミャンマー政府、「国境なき医師団」に国内での活動停止を命令。
2013-08-29---反イスラム教の僧はビルマの宗教の緊張に火をたき付ける。
2013-08-21---ビルマは、国連権利使節を「保護しなかった。」
2013-08-05---ミャンマーのパンク・ロッカーは、宗教攻撃の沈黙を壊す。
2013-05-14---西ビルマで、ロヒンギャ・ボートが沈没。
2013-05-07---ダライ・ラマは、ビルマとスリランカの仏教徒を非難した!
2013-05-01---なぜ仏教徒僧は、イスラム教徒を攻撃しているのですか?
2013-04-12---ビルマの暴動で、金の店のイスラム教徒を投獄。
2013-03-22---仏教徒とイスラム教徒の戦闘で、ビルマの町メイティラに非常事態宣言。
2012-10-27---ビルマは、Rakhine州で村が燃えていることを認めた。

タクワパー郡(Takua Pa/ตะกั่วป่า)のGoogle Earthポインター情報
8°52'10.0"N 98°20'35.0"E
または、
8.869444, 98.343056