on-the-time.jp

2014-10-14

なぜ、米国海軍は仮想敵国中国の演習をするのか?

戦争と平和

BBC Newsは、米国は、中国と交戦することについて話すことを好むが、その海軍が今、潜在的な矛盾のためにさらに実行していることが明らかである、とBBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ(Rupert Wingfield-Hayes)が報告した。

米国原子力空母は、すべてでそれほどしばしば招待されない。
また、これを書いた後に、しばらくの間招待されないかもしれ無いとBBCのレポーターは報告している。

[AD] You can advertise on this site.

USSジョージ・ワシントンのフライトデッキ(On the flight deck of the USS George Washington)においては、雑音は、過去にかつて経験した何にも似ていないと言っている。

立っている数フィート先に、11F/A-18のスーパー・ホーネッツ(11 F/A-18 Super Hornets)は発進ために並んでいる。

最初のものは石弓上へ引っ掛けられる。
そのエンジンが十分な再熱に音をたてるとともに、重いクレッシェンドがあり、その後、白い蒸気の雲では、15トンのジェットは、デッキを下って、玩具のような船の後ろから投げられる。

数秒後に、デッキ乗組員は、彼らの色が多重につけられた仕事着で、静かに次のものを並べている。

米国海軍を見ることはこのように終わり、わずかに畏服しないのは難しい。

世界中の他の海軍は全く同じ玩具を持っていないか、同じ容易な魅力でそれらを見せびらかさない。

しかし、私がリンクを記録するデッキ上に置いてあるとともに、どのように「米国は中国との戦いのために実行している」か?たじろいでいるネイビー公務オフィスからホストに会うことができた。

PRレトリックを聞くことに慣れている
米海軍は「任意の特定国との戦いのために実行していません。」

しかし、米海軍は、グアムの沖合の2つの航空キャリアー戦闘集団と200機の航空機を集めて、米国以外、楽しいどちらでも持っていない。

これは、ペンタゴンが今「Air Sea Battle(空の海戦)」と呼ぶものの実行に関係している。

それは最初に2009年の前に始められた概念でる。
また、それは、中国からの増加する脅威に逆らうことを特に目指している。

数分後、次は、キャリアー攻撃の指揮者、5隻をグループ化したリヤ・アダム・マーク・モントゴメリー(Rear Adm Mark Montgomery)とジョージ・ワシントン(George Washington)のブリッジ上に立っている。

彼の命令の下のパワーは、彼が「anti-access, area denial(反アクセス、エリア否認シナリオ)」と呼ぶもののために実行している。

「私たちが能力について話す場合」、彼は「私たちの好みの水域の無制限の方法で作動する能力について、私たちは話している。」と言った。

「いくつかの国々がますます複雑な反アクセス武器を開発しているとともに、私たちは戦術、技術および自由だったやり方で作動し続ける手続きを開発しなければなりません。」
後のアダム・モントゴメリーは、練習の詳細について議論しない。

しかし、彼の船と航空機は、水の下から、空、土上から、サイバースペース、および宇宙から、脅威のますます複雑なウェブに面している。

「いくつかの国々には衛星を削除するかあるいは衛星通信を制限する)能力があることは一般に理解されます。したがって、私たちはコミュニケーションに否定された環境で働くことを実行しなければなりません。」と彼は言った。
PLAネイビーは、米国海軍にまだかなわず、非常に長い間向けではないでしょう。

代わりに、中国は、アメリカの貴重な航空会社を中国の土地はるか遠くに維持するように設計された他の武器を開発している。

これらは新しいより静かな潜水艦を含んで、長距離の極超音波の対艦ミサイル、そして、恐らく「航空殺人者(carrier killers)」とあだ名をつけられたほとんどの気に掛かり、非常に正確な準中距離弾道ミサイル。

あたかも合図上かのように、警報ベルが鳴り始める。

音声は拡声装置に出合い、
「これはドリルです。これはドリルです!黒煙黒煙」
ジョージ・ワシントンはシミュレートされた攻撃の下にいる。

船の一部が燃えていることが報告される。

チームは急いで損害を含む。

最後の10年の中国で最も重要なことのために、また、しばしば繰り返されて、政治スローガンは「平和の上昇(peaceful rise)」であった。

それは、その成長している軍事力が脅威ではないと北京の隣人に再保証することを目指している。

しかし、中国国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)が昨年政権を握って以来、別の変更があった。

中国は、今、それ自身の海岸線を越えてよくクレームを主張している。

2014-08-22---米国は無謀な中国パイロットのスクランブル攻撃を非難。
2014-05-11---中国、南シナ海でベトナムに強硬姿勢の狙い。
2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?
2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。
2014-04-16---メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?
2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?
2014-03-03---中国がトップ・トレーダーになるために、自己満足の理由を見つけない。
2014-02-25--フィリピンは、中国の沿岸警備隊が漁師に放水砲発射で抗議!
2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。
2014-02-09---景気上昇の中、アジア-パシフィックの防衛費を押し上げた。
2014-02-01---怒らせると報復する中国式「いじめ外交(China's bullying economic diplomacy)」
2014-01-10---米国は、中国の新しい海規則が「挑発的」であると言った。
2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!
2013-10-31---尖閣ブーメラン。
2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。
2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。
2013-09-10---中国は「危険な客」
2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!
2013-08-26---米国はインドネシアヘ、最新AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを売った。
2013-03-26---ベトナムは、中国が漁師に発砲したことで非難!
2013-01-31---フィリピンは、経済が6.6%を拡張するとともに、成長目標を打ち破った。
2013-01-22---フィリピンは、国連法廷で中国による南シナ海領有権主張に挑戦。
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-11-21---フィリピンは、南シナ海の論争で4カ国の会を召集した。
2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。
2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!
2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。
2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!
2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-01---中国共産党創設90周年!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!
2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!
2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。
1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。
1932-03-01---満州国が建国宣言した。
1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。
1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.