2014-10-14

Googleが資金提供する驚くべき仮想現実ビデオ技術。

アート

米国の雑誌「TIME」は、報告によれば、Googleは、この仮想現実会社への主な投資を計画していると報告した。

伝えられるところによれば、Googleは、ハイパー-現実的な3D経験を構築している仮想現実会社Magic Leapの跳躍の中への主な投資をリードしている。

Magic Leapの技術は、実際の環境内の独立した3Dオブジェクトを作成するように見える。
また、会社のプロモーション・ビデオが表示である場合、その結果は驚くほどである。

Magic LeapのCEOローニ・アボビッツ(Magic Leap CEO Rony Abovitz)は、re/コードによれば会社が「世界で最も自然で、人間のことにやさしいウェアラブルなコンピューティング・インターフェースになるだろうと私たちが信じるものに取り組んでいる。」と言った。

今年、FacebookによってUS$20億で買われた3Dヘッドセット会社技術がOculus Riftによって使用されるもののような現在の技術より現実的な3D環境を築くだろうとMagic Leapの跳躍は言った。

Oculus Riftはセット距離で水平で浮かぶイメージを作成しているが、Magic Leapはそれを3Dオブジェクトが実際の世界の上にあるようにに見せ、ありそう、眼鏡から着用者の顔に投影された。

Googleは、Magic Leapでの資金調達のUS$5億のすべてかもしれないものをリードしている、とre/コードが匿名情報源を引用して報告した。

ニューヨークタイムズ(The New York Times)は、Magic Leapがビームの散乱およびオブジェクトの距離を含んでいる情報を備えたデジタル光照射野を使用していると7月に報告した。