on-the-time.jp

2014年10月13日

フランスの銀行は、TwitterをP2P支払いに使用。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、フランスで2番目に大きな銀行Groupe BPCEは、ユーザーが互いへの金銭をTwitterに投稿することを可能にするサービスを始めたと報告した。

Groupe BPCEは、クレジットカードとTwitterアカウントを持ったフランスの誰でもその新しいサービスで他のユーザーのもとへ無料で金銭を送ることができると言った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

サービスは、モバイルの財布を提供する銀行の電子マネー子会社S-moneyによって開発された。

Groupe BPCEは、そのようなサービスを提供する最初の銀行グループであることを主張している。

ユーザーは、TwitterによってP2P支払いを送るためにBPCE取り引きを持つ必要はない。

また、それらも受取人の銀行口座詳細を入力する必要もない。

では、どこで利益を得るのか?

それはTwitterフランスのCEOからの有望な相場を含んでいるとして、先月最初に発表が行なわれた。

ソーシャル・ネットワークは、ますますそれらがユーザーに提供するかもしれない追加サービスとしてP2P支払いに直面している。

それはP2P支払いをもっと考慮するように見えるが、Facebookは、新興市場へ壊れる手段として同様の動きを研究している。

別々に、Twitterはmコマース市場の初期段階として米国で購入ボタンをテストしている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。