2014-10-14

Bitcoin appsは、フィリピンのモバイル・マネー市場と連結。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、出稼ぎが多いフィリピンの国際的な送金市場はその革新で有名で、また、その伝統への最新の寄与者はビットコイン財布アプリケーション(Bitcoin wallet apps)であると報告した。

先進国では、無知から来る不安で手が出せない金融市場に、発展途上国がどんどん進出している。

先進国では高額な振替手数料を我慢できるが、発展途上国では許されない。

Coindeskによれば、最新のアプリはたった今、ローカルのCoins.phによって始められた。

送金支払いに加えて、ユーザーは多くのチャンネルを通して新しいアンドロイドのアプリによってBitcoinを売り買いし、それをプリペイド携帯電話に十分補給し、お金を払うことができる。

ユーザーのBitcoinをフィリピンのペソに変換することによる送金サービス可能にしている。

国の金融市場の過去の革新は、送金額が携帯電話によって送られ、受け取られることを可能にした、2人の主要なオペレーターGlobe TelecomとSmartから来た。

Coins.phは、特にこの市場の中への最初のビットコイン・プレーヤーではない。

Rebit.phとBuybitcoin.phはすでに、それを追求している。

Coins.phアプリで、ユーザーは、彼らが送金支払いを徴収したい出口を選択することができる。

オプションは、それらのGlobe GCashかSmart Money Cardに送られることと同様に宅配(home delivery)を含んでいる。

異常な高値を付けられるようにそれらは知覚され手いる金融業者の振替料金の代わりとして働くことは、Bitcoinの主な潜在市場とますます見なされている。

すでに、これまでのような手数料で稼ぎ出す銀行やクレジットカードの市場は、ここで消えることだろう。
銀行やクレジットカード会社は、本来の業務に帰るときが来ている。

もう、固いだけでは生き残れなくなった。

デジタルが判らない口先金融やくざが死ぬことだろう。

2014-10-08---Bitcoin appは、投資者としてブランソン他と連携した。
2014-09-04---「Bitcoin」トレーダーに、無免許の振替を有罪と認めた。
2014-07-28---Blockchain.infoはApp StoreへBitcoin Wallet Appを戻した。
2014-07-25---Facebook Messengerで起こるモバイル・ペイメント。
2014-07-24---FacebookのApp通貨制定の野心のヒント。
2014-07-01---Bitcoinは、通貨でないが、小売り業者のためのPayPal競争者。
2014-06-16---アップルはApp Storeへ最初のBitcoin財布を許可。
2014-06-10---Facebookは、モバイル・メッセージを押し上げるためにPayPal社長を雇用。
2014-06-10---PayPalからのモバイル・ペイメント専門家を誘惑したFacebookの未来。
2014-04-29---暗号化された通貨は、未来のお金か?
2013-12-10---「Bitcoin」は、金銭の将来を作り変えている。
2013-12-10---PayPal社長、Bitcoinの味方で、NFCに懐疑的。
2013-09-30---PayPalは、なぜBraintreeを得ることに合意したか。
2013-09-26---eBayが、BraintreeをUS$8億で買収し、モバイル・ペイメントを強化。