2014-10-14

Fortumoは仮想から物理的な品物に移動。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ゲーム、映画あるいはバス乗車券のようなデジタル・アイテムでキャリアー・ビリング専門家Fortumoは、ユーザーの電話請求(phone bill)支払いで、物理的な品物の代価を払うことを含んでいる試みのおかげで、モバイル産業に対してトップを要求していると報告した。

しかし、ゲーム、映画あるいはバス乗車券のようなデジタル・アイテムではなく、物理的なアイテムの代価を払うためにキャリアー・ビリングを使用することは、これまで行われてこなかった。

しかし、Fortumoは、Angry BirdsのクリエーターRovioと、シンガポール・オペレーターシングテル(SingTel)を備えた試みを始めた。

パイロットは、物理ストアではないEコマース・サイト経由で、今よく知られているAngry Birdsの特価の玩具を含んでいる。
Fortumoは、実物財がはじめてユーザーの電話請求支払いに課された時であると言いった。

ベンダーは、より多くの商人およびオペレーターが、他の物理的なアイテムを売るためのキャリアー・ビリングを採用するために、口説くことを望んでいる。

ブログでは、Fortumo CEOレイン・ランウ(Fortumo CEO Rain Rannu)は、試みでのコンバージョンレートが従来のモバイル・チェックアウトと比較して有望であると書いた。

最初の週に、ショッピングカート放棄はクレジットカードに基づいたチェックアウトで以前より5倍低かった。

そのプロセスは、シングテルのポスト前金購読者(SingTel’s post-paid subscribers)に開放されている。

これは、プリペイド・カードやプリペイド携帯電話でも嘉納だろう。

レイン・ランウはRovioのパイロットのための適応性に関して
「それらがあまり高額商品でなく、US$5〜US$550間で比較的高いマージンを持っており、通常衝動買いするものであるので、ブランド(Branded)のplush toysは携帯電話会社ビリングによって売られるのによい候補になります。」
さらに、
「衝動買いをしたもので、買うべきであるかという決定が購入過程の単純性に依存するので、これは適切です。チェックアウト・フローがまた複雑になる場合、人々はショッピングカートを放棄します。」と説明した。

2014-01-08---FortumoとPayelpの提携により、グローバルなモバイル・ショッピングを拡張。
2013-07-25---エストニアのモバイル・ペイメント会社Fortumoは、中国でhatrickを完成。
2013-05-23---Fortumoは、TelefonicaとTelenorとのモバイル・ペイメント協定に調印。