2014-10-14

ボリビアは、大統領の4期目を否定し、追い出した。

政治

BBC Newsは、ボリビアのエボ・モラレス大統領(Bolivian President Evo Morales)は、リーダーとしての先例がない3期目を選挙で勝ち取ったことが出口調査de明らかになり、2020年の4期目の選挙に出馬することを認めなかったと報告した。

エボ・モラレス大統領は、確かコカイン農家の出身者であった。

彼は、2020年までに、ボリビア中部の彼の農場での仕事に戻りたく、かつ旧友を訪ねて彼の時間を過ごしたいので、その可能性がありそうであるとBBCに伝えた。

エボ・モラレスは2006年以来、大統領である。

彼の批評家は、ますます独裁的で、オフィスの彼の時間を延長しようと努力しているようになったことで彼を非難した。

エボ・モラレスは、彼がキャンペーン中に提案した政府計画が政権を握って、彼に個人的に結び付けられなかったと言った。

「私は、すべては常に一人の人に関係していると思うこのラテンアメリカ人の方法を理解します。しかし、私はそれが好きではありません」と彼がラパスでBBC ムンダ・イグネーシオ・デ・ロス・レイエス(BBC Mundo's Ignacio de los Reyes in La Paz)に伝えた。

「これは政府計画です。それは[特定の]大統領の計画ではありません。2020が私たちの愛国的なアジェンダに委託する必要がある後、誰が来ても、したがって、エボ・モラレスが2025年まで大統領である必要はありません。」

彼は、彼が4番めの期間を表わすことを可能にするために構成を変更することを考慮しさえしていなかったと言った。

彼は、2020年までに、彼が成長したボリビア中部の田園地帯へ返ることを楽しみにするだろうと言った。

しかし、そこはコカの畑かもしれない。

「私の大きな要望はチャパレ(Chapare)に戻ることです。私の農場を改善する、元大統領を歓迎するために恐らく2、3のキャビンを建造する。」と彼は言いました。

さらに、彼は前ブラジル大統領ルラ(Brazilian President Lula)およびウルグアイの大統領ホセ・ムジカ(Uruguayan President Jose Mujica)のような同盟国へ訪問をすることを示唆した。

日曜の選挙からの出口調査は、よく彼の好敵手の25%より進んでモラールズが投票の60%を勝ち取ったことを示唆した。

決勝戦を回避するために、それが彼の最も近いライバル上の10ポイントのリードを含んでいる場合、彼は、有効票の50%、あるいは40%を勝ち取らなければならない。

彼の主なライバルであるサミュエル・ダリア・メジナ(Samuel Doria Medina,)は月曜日に敗北を認めた。

職員は票を数えることがまだ進行中である。