2014年10月13日

中央アメリカエルサルバドルで、マグニチュード7.3の地震。

自然

BBC Newsは2014年10月14日に、2014年10月13日月曜日の終わりに、エルサルバドル(El Salvador)の沖合でマグニチュード7.3の地震が襲い、中央アメリカで多くが混乱していると報告した。

少なくとも1人は電柱が崩壊した時、死んだと報告されている。

写真を見ると、それどころではない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

USGS(The US Geological Survey/米国地質調査所)は、首都サンサルバドル(San Salvador)の170km(105マイル)南東の太平洋で地震が襲ったと言った。

M7.3 - 67km WSW of Jiquilillo, Nicaragua
2014-10-14 03:51:35 UTC
PAGER - YELLOWShakeMap - VIIDYFI? - VIIITsunami Warning Center
Earthquake location 12.576°N, 88.046°W
Return to the EQ List/Map/Search
kml iconGoogle Earth KML
SummaryLocation and Magnitude contributed by: USGS National Earthquake Information CenterGeneral

米国太平洋津波警報センター(The US Pacific Tsunami Warning Center)は警告を出したが、それを数分後に取り下げた。

強い轟音
地元住民は、震動がそうであると言いました「それが強くごろごろ鳴り始め、それが止まらなかった。」
「私の家族は、それが止まるようにに神に祈り尋ねました」とマリア・エテリニナ・デラス(Maria Etelvina Deras)が地元ラジオ局に伝えた。

エルサルバドルの救急サービスは、海岸の近くで多くの家が被害を受けたが、国際空港は影響されなかった、と言った。

電気は、一部で停電した。
また、いくつかの道は落石によって閉鎖された。

地震は、ホンジュラス(Honduras)、グアテマラ(Guatemala)およびニカラグア(Nicaragua)で感じらたかもしれないし、コスタリカ(Costa Rica)で余震があった、とUSGSが言った。

ニカラグアのプレジデント・ダニエル・オルテガ(Nicaraguan President Daniel Ortega)は、火曜日に全国の学校でのクラスを取り消し、可能な余震を注意しました。

震源地のGoogle Earthポインター情報
12°34'33.6"N 88°02'45.6"W
または、
12.576000, -88.046000

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告