2014-10-14

マララが騒がれて、なぜナビラはワシントンDCで歓迎されないか!

美容と医学の科学人物戦争と平和政治

カタールのニュース・ネットワーク、アル・ジャジーラ(Al Jazeera)が2013年11月01日に公開したニュースは、マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)がノーベル平和賞を受賞したことから、ナビラ・レーマン(Nabila Rehman)の悲劇が、再度表面化した。

2012年10月24日に、それらが村ホームのそばで働いていたとき、北ワジリスタンの上空を無人飛行機が飛んできて、8歳であったナビラ・レーマン、彼女の兄弟およびそれらの祖母に出合った。

彼女の祖母モミナ・ビビ(Momina Bibi)は、家族が次のEid休日の準備をしたとともにオクラを取る方法を子どもに教えていた。

しかし、その日に、この家族の生活を永久に変更する、恐ろしい事件が起こった。

空では、子どもたちは、急に2つの大きなクリックが後続するCIAが操作する無人飛行によって1日に24時間忍び寄られる田舎のパキスタンの村のものにとって、よく知られている特殊なぶんぶんいう音によって放射されたのを聞いた。

無人飛行機はナビラ・レーマン・ファミリーの上空から致命的なミサイルをリリースした。
また、一瞬にして、この子どもたちの生命は苦痛、混乱および恐怖の悪夢に転換された。

7人の子どもが負傷した。
また、ナビラの祖母は目の前で殺された。
それに対して、謝罪、説明あるいは正当化がかつて与えられていない行為である。

先週、彼らの話を話し、かつその日の出来事に関する答えを求めるために、ナビラ・レーマンは、彼女の学校教師父親および12歳の彼女の兄弟は、ワシントンDCへ旅行した。

しかし、それらの片田舎からアメリカへ旅行するために信じられない障害を克服する侮辱、ナビラおよび彼女の家族は、まったく無視された。

それらが証言を与えた議会公聴会では、430人の代表のうちの5人だけの代表が現われた。

次のものに参加したナビラと、それらの少数への父親の言葉で、
「私の娘は、テロリストの顔を持っていません。また、私の母親もそうでした。それは私に意味をまったくなしません。なぜこの事件が、教師として、私はアメリカ人を教育し、私の子どもたちが負傷したことをそれらに知らせたかった。」
翻訳者はそれらの物語について詳しく述べる間に涙を浮かべて気落ちしました。しかし、政府はこの家族を鼻であしらい、それがそれらにもたらした悲劇を無視します。」
打つハシバミ目を持った9歳と少しの少女ナビラ・レーマンは、彼女の証言での単純な質問をした。
「私の祖母が行ったことは間違っていていましたか?」
この質問に答える人は誰も、またさらに聞きたいと思った少数もいなかった。

政府が、それが解放していることを主張する人々に抱く完全な軽蔑で、ナビラ・レーマンはそれらの苦境について詳しく述べたが、ノーベル平和賞受賞者のバラク・オバマ(Barack Obama)、武器メーカー、ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)のCEOと同時会を費やしていた。

ナビラ・レーマンに対する対するアメリカの反応をマララ・ユスフザイと対比比較することは、有効であると報告した。

マララ・ユスフザイは、英雄的行動のために西洋のメディア、政治家および市民リーダーによって供応されたが、ナビラは、単にアメリカの戦争の過去10年間の間彼らの生命を破壊した、何百万もの無名の顔がない人々のもう一人の1人になった。

この目立つ不一致の理由は明白である。

マララ・ユスフザイがタリバンの犠牲者だったので、彼女は、断言にもかかわらず、主戦論者によって利用される政治宣伝の潜在的なツールと見なされていた。

彼女はそれらの努力の人間の顔として使用することができ、それらの原因のうわさされる品位のシンボル、小さな少女のタイプを代表して、アメリカとその同盟国は言うことができます、それらはそのような信じられない流血を解放している。

印象的に、イスラム世界で、アメリカの軍事行動の正しさのシンボルとして、彼女の名前とイメージを占めた人々の多くさえ、彼女自身の語または主題についての印象を聞くために、十分に気にかけなかった。

ワシントンポストのマックス・フィッシャー(the Washington Post's Max Fisher)によって記述されたように、
マララ・ユスフザイの上に喜ぶ西欧は、パキスタンで少女のための条件を改善する彼女の努力に関して、確かにパキスタンの何百万もの少女の努力、およびさらに私たち自身に有名人、容易なメッセージとともに暖かく、曖昧に感じさせる私たち自身の望みに関してより少なくなった。

それはいやなことから私たち自身を免除する方法で、私たち自身を確信させること、それは良い奴対悪い奴の単純な問題で、私たちは右側とそれ上にいることで、すべてはOKになる。

しかしどこで、司法権が及ばない場合、殺害、無人飛行機攻撃は打つか、そして拷問、実際ある、パキスタンの人々の解放に関連した正当な原因のすべての部分は、アフガニスタン、また、他のところに、同情どころかこの戦争が彼女のような無数の小さな少女にもたらした荒廃のための単純な認識はどこにあるのか。

答えは明らかである。
この矛盾で、彼らの苦痛のために認識される、唯一の人々は敵の犠牲になる人々であったと報告している。

ナビラのような無数の小さな少女が終了のないこの戦争の一部として脅迫され続け、殺害され続ける一方、マララ・ユスフザイの努力は、アメリカの戦争努力で、必要ならば彼女の顔となっていた。

ナビラのための名声外観は、賞式もなにもない。

彼女の証言では、ほとんど誰もさらにわざわざ参加しなかった。

しかし、彼らは、もし伴っていれば、9歳の少女が過去10年間の間、彼らの生命を混乱させた、何百万もの他の無罪の人々がしている質問をするのを聞いていた。
「私が、アメリカを不当に扱った人々の後を行く予定になっていると聞いているとき、それから、私は彼らに誤って何をしましたか? 何か、私の祖母は、彼らを不当に扱いましたか? 私は、間違ったことは、何もしませんでした。」と言った。

間違いは、間違いとして、正さなけれはならない。
それが正義である。

正さないで、ただ攻撃し、人を殺すのでは、正義など無い。

それに目を向けないマララ・ユスフザイのノーベル平和書など、無意味である。
そのような攻撃で、多くの同胞が殺されている。

2014-10-10---マララとカイラシュ・サティーアーティはノーベル平和賞を受賞。
2014-09-12---マララ・ユスフザイを撃った容疑者をパキスタン軍隊が逮捕。
2014-02-18---マラヤは、CNNに世界でシリアの子供の世代を危うくしていると伝えた。
2013-11-20---マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)のプロファイル。
2013-10-11---16歳のマララ・ユスフザイはホワイトハウスでオバマ大統領に会った。
2013-10-08---タリバンに銃撃された16歳のマララ・ユスフザイが、自伝出版。
2013-09-28---タリバンによって撃たれたパキスタンの少女は、ハーバードで尊敬された。
2013-09-03---バーミンガムの図書館、£18900万で公式オープン。
2013-07-12---撃たれたパキスタン女子生徒、国連でキャンペーン!
2013-05-30---中国のスポットライトの中で増加するシャングリラ対話。
2013-05-17---脳の刺激は、「永続的な数学」の上昇を約束。
2013-04-05---マララ・ユーサフザイとアンジェリーナ・ジョリーは学校基金を設立。
2013-03-28---タリバンに頭を撃たれたパキスタンの少女が本を出版!
2012-08-15---ネパールのヒマラヤ山脈の旧「隠れた王国ムスタン」
2011-10-29---パミール高原山脈でのヤク・ミルクによるもてなし!
2009-09-18---「香格里拉(シャングリラ)」は「茶馬古道」の桃源郷。
2008-09-14---インド、ラーマーヤナの叙事詩の愛と勇気電子図書館