gaYa広告

2014年10月11日

「最も危険な外来種」は、ヒースロー空港の近くで増殖中!

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)は、何千もの在来の動物および魚を拭く恐れのある、カラスガイの1種のムラサキイガイは、ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)の近くで膨大に発見された。

クアッガ・ムラサキイガイ(Quagga mussels)は長さ5cm未満である。
したがって、豊富に、それらの硬い表面上へ付随し、広大な植民地はボート船体を窒息させて、パイプを閉鎖し、潜在的に、氾濫を引き起こす場合がある。

原子力発電所も崩壊することだろう。

新しいテロは、これかもしれない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

種は、科学者によって今年の初めにイギリスの任意の外来種の野生生物に対する最も大きな単一の脅威であると満場一致で確認された。

WWT(The Wildfowl and Wetland Trust/猟鳥および湿地生のトラスト)はムラサキイガイについて「最も危険な外来種ナンバーワン」と記述し、またイギリスのそれらの到着がイギリスの湿地にとって壊滅的かもしれないと警告した。

WWTの保護政策のヘッドであるジェフ・ノット(Jeff Knott, WWT's head of conservation policy)は、「何十万もの在来の動物(魚)のための苦痛と死になる。」また飲料水を保護するために水で、数百万ポンドの税を供給し、創造物が間接的にもたらすだろうと言った。

6月のエコロジーおよび水文学のセンターによる研究(Research by the Centre for Ecology and Hydrology)は、軟体動物を「我々の自然な生物多様性に対するトップのランキング脅威」と評した。

それは、クアッガ・ムラサキイガイが次の5年以内にイギリス全土に着くだろうと予言した。

ジェフ・ノットは、多くの場合成熟したクアッガ・ムラサキイガイとして、シーズン中に100万を生産することができ、ボートに付着して、人間の活動と共に増えることを可能にすると言った。

彼は、「それらが広がりを遅らせるのを助けるために器材を荷作りするとき、すべての水ユーザーが『きれいにチェックして、乾いてください。』というモットーを覚えていることはとても重要です。」と説明した。

「クアッガ・ムラサキイガイは、なぜ私たちがこの国へもたらされている侵入生物種上のより強いコントロールを必要とするかの主要例です。予防は既に確立されている来襲をコントロールしようとするよりはるかに安くより有効です。」
ムラサキイガイはウクライナで始まったと考えられている。

それらが繁殖場所の中で確立された後、完全にそれらの存在を削除する有効な方法はない。

Defraのスポークスマンは、
「侵略的な植民地人の種によって持ち出された脅威に取り組むために、私たちが処置を講ずることは重要です。それらは、私たち自身の動植物の存続を脅かし、経済的に少なくとも年間£18億を要します。」

「それ以上広がるクアッガ・ムラサキイガイの危険を減らすために、私たちは利害関係者と機関と一緒に仕事をするでしょう。私たちの水路のユーザーはそれらの設備をチェックし、それを清潔で、乾燥しているようにしておくことにより、これを手伝うことができます。」

2014-06-25---麻薬王パブロ・エスコバールのカバ。
2014-04-16---侵入エイリアンの拡大を止めるEUのブラックリスト。
2014-02-18---日本でも外来魚で戦っているが、シカゴはアジアの鯉と戦っている。
2013-08-14---侵略的なアリの密航者は、世界中で広がっている。
2013-03-08---どの種が滅びてはいけなくて、どれは滅びても良いのか?
2012-10-04---米国で脳膜炎の恐れがある感染拡大の危険性を警告。
2012-07-17---外来の鳥の集積場になったソロモン諸島。
2012-02-12---食べると危険なエスカルゴ、米国で大発生!?
2012-01-21---世界で最も高価なレモンを育てることの意味と真実!
2010-03-28---オーストラリア、猛毒ガエル数万匹を捕獲し、駆除!
2009-04-15---不思議な結果になった、中国のアメリカ・ザリガニ調査レポート

ヒースロー空港(Heathrow airport)のGoogle Earthポインター情報
51°27'44.08"N,0°27'47.58"W
または、
51.462244, -0.463217

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。