on-the-time.jp

2014年10月11日

世界最重量の花火が日本で打ち上げられた。

観光

BBC Newsは2014年10月12日に、埼玉県の都市鴻巣で、世界で最も重い花火が打ち上げられたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それは、「世界最大の打ち上げ花火」として,ギネス世界記録(Guinness World Records)として承認された。

4尺玉の打ち上げは昨年に続き2回目で、打ち上げ筒は高さ6m、重さ10トンに及ぶ。メーンプログラム「鳳凰(おおとり)乱舞」の最後に4尺玉が打ち上げられると、大輪が夜空を焦がし、大きな拍手が送られた。花火大会終了後、ギネス公式認定員から同青年部に公式認定証が贈られた。

鴻巣市の糠田運動場のGoogle Earthポインター情報
36°03'44.7"N 139°29'08.4"E
または、
36.062417, 139.485658

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告