2014-10-10

世界で、不思議で素晴らしい書店15店と、私の古書店。

電子ブックアート

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、酔っていたオクスフォードの学生によって1960年代に、サントリーニ島(island of Santorini)でオープンした本屋を始め、世界の最も珍しい本屋のうちのいくつかは、イギリス全体に渡る本の一部がクリスマスの準備段階で書籍販売業産業を支援する、私のバッグ・キャンペーンであるとともに公表された、The Bookshop Bookの中で重要な役割を演じていると報告した。
その著者ジェン・キャンベル(Jen Campbell)は、最も素晴らしいもののうちのいくらかを導入する。
訪れる価値がある他の大きな書店のことをここで紹介している。

スコットランドのLeakey’s, Inverness
1979年にインバネスの(Inverness)の古い教会でオープンした古書店。
暖炉と共に、巨大で、小説家アリ・スミス(Ali Smith)の好きな場所のうちの1つである。
彼女は、ティーンエイジャーのときに道を下ってカフェで働き、書店でお金を使っていた。

ギリシャのAtlantis Books, Santorini,
2004年に、2人のオクスフォードの学生がサントリーニ島(island of Santorini)で休暇中に、酔って、書店を開くことを決定した。
こだわる疑問にもかかわらず、一旦次第に変化した後、酔いがさめたなら、それらはバンを満たし、戻ってきた。
それらは、奥の部屋の小さな印刷機を実行し、本を読む間に、あなたが「猫を借りることができる。」と言うサインがある。
キャット・カフェではなく、キャット・ブックショップである。

スコットランドのThe Bookshop, Wigtown
スコットランドで最も大きな中書店が、棚置き、100,000冊以上の本を1マイル持っている。
さらに、それには美しい物語がある。
「ジェシカ・フォックスはロサンゼルスのNASAで働き、本を愛しており、常にスコットランドを訪れたかった。
彼女は「古本屋(スコットランド)」をGoogle検索した。また、これが最初に突然飛び出ました。
彼女は結局そこで働き始めた。」

ポルトガルのTell a Story
概念は有効であるのと同じくらい単純で、バン中の書店。
プロジェクトは、観光客に、英語、ポルトガルの文学を促進することを目標としている。
チームは国中を移動し、人々がそれらの友達のための物語を書くことができ、したがって、物語の連鎖反応を始めるように、さらにペンとハガキを売っている。

イギリスのBarter Books, Alnwick
「その棚に沿って書かれた詩のライン、および本箱のトップに沿って走るモデルトレインで、これは少し愛書家の夢です。」
この巨大な店は、第2の世界大戦ポスター・キャンペーンが展示してある。

イタリアのLibreria Palazzo Roberti, Bassano del Grappa
Giambattista Tieの学生ジョバンニ・スカジャーロ(Giovanni Scajaro)による壮大なフレスコと共に3階以上に広がる18世紀の宮殿にある。

アリゾナのSinging Wind Bookstore, Benson
ウィニフレッド・ブンディ(Winifred Bundy)は、40年間ここで本を売っている。
最寄りの町から4マイルあり、見つけることは少し巧妙である。
Web、Twitter、Facebookも無い。開店時間も無い。残るは運である。
さらに規則的に写真術展示および古典的コンサートを主催する。

イギリスのThe Book Barge, Lichfield (and environs)
60フィートの運河用平底船の書店である。、書店は、2011年以来イギリスの運河を旅行した。
所有者サラ・ヘンショウは、たった今フランスの一区画の土地を買って、海を横切って本のはしけ舟に乗ろうと決心している。

カナダのMunro’s, Victoria
1963年には、ジム・マンロ(Jim Munro)と彼の最初の妻で、ノーベルを勝ち取る短編小説家アリス・マンロ(Alice Munro)が、ビクトリアの映画劇場の近くの狭いスペースでオープンした書店。
現在のマンロは、1909年にロイヤル・バンク・オブ・カナダ(Royal Bank of Canada)のために設計されたネオ・クラシックの建物にある。

イギリスのGeorge Bayntun, Bath
George Bayntun製本所は1800年代以来開いている。また、今さえ、11の製本機が、地球を横切ったクライアントと共に、そこで作動している。
それらの間で、それらは337年間分野である。
製本所は、さらに手ツールおよびブロックの中で15,000以上と最大の収集を世界で持つことを主張する?

カルカッタのBookseller
カルカッタのカレッジ・ストリートは本のコロニーBoi Paraとして知られている。
多くの出版者がそこにベースを置く。また、本一仕切りはそれに沿った0.5マイル伸びる。
パンフレット、ペーパーバック、絶版の版および多くの言語のすべての種類の出版物で、道に溢れ出ることもある。

北京のThe Bookworm(読書狂)
この店は読書とパーティーを組み合わせる。
読書狂にはどこからともなく泡立つ即席の音楽夜がしばしばある、通常書店ピアノに寄り添った。
いくつかの部屋では、書棚は床から天井である。また、それらがカクテルを出すアウトドア・テラスがある。

デトロイトのJohn K King Used & Rare Books
巨大な1940年代グローブ工場にある古書店。ジェーンはミシガン劇場ビルの彼の旧家屋敷より大きくなった後に、1980年代の初めにそれを買った。

カンボジア、プノンペンのD’s Books
多くのクメールのように、田舎のカンボジアで貧弱で困難なしつけを持っていた。
彼女は、英語のクラスの余裕のある多くの職を動かした。
また、彼女のおばがD’s Booksを開いていたアメリカの本屋に会った時、彼女は本屋の職を得た。
6年後に、彼女は、どうにかカンボジアでD’s Booksの3支店をすべて買った。

ノルウェーのFjaerland book town
ノルウェーのヨーロッパで最大の氷河Jostedalsbreenの近く、古い小屋、家およびホテルなどは書店に改築された。
冬には、書店所有者はキックそりで、雪の中を場所から場所へ本を輸送しなければならない。

本屋は、わがままが良い。

私の古書店も、実にわがままで、あまり売る気が無い。
自分の本の自慢である。
買いにくいと言う人もいるが、日本に1冊しかない本も多い。
だから、あまりうる気が無い。

2014-07-24---世界にある素晴らしい書店。
2014-04-14---再考、図書館は死んでいます?
2014-04-09---北京で初めて,24時間の書店がオープンした。
2013-12-09---なぜ、フランスの本は、海外で売れませんか?
2013-11-27---世界の崇高な図書館。
2013-10-03---フランスのオンライン書籍販売制限法。
2013-08-28---レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖スケッチ。
2013-08-10---キューバのハバナに、初めて英語の書店がオープン。
2013-06-13---世界最古のブック・フェアーと古書フェアー。
2013-02-01---歴史的な未来に向けた10種類の絵。
2012-12-11---中国7000年の歴史で生まれた女性用神秘の性用品。
2011-12-14---パリで有名な英語版書店の創設者が死去した。
2011-02-13---出版業界でデジタル販売と戦った米国の本屋ボーダーズが破産間近!
2011-01-21---アフリカ、コンゴのコミック!
2011-01-18---18世紀のオークション・カタログ2冊が売り出された。
2011-01-08---2010の本のベストセラーで判る書店の傾向と出版の成功の鍵!