2014-10-10

「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、PEN/ピンター賞を受賞。

宗教

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、作家は、宗教の言語を「恐ろしく押し潰した」人々が現代性をターゲットとしていると主張したと報告し、サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie)は、シリア語と言論の自由主張者とシェアをしたと報告した。

サルマン・ラシュディは「嫌悪で一杯の宗教のレトリック」を攻撃し,「何百も恐らく説得する、ISの首を切り落とす野蛮人に加わる、何千ものイギリスのイスラム教徒」についての記述し、「今日世界で、最も危険な新しい武器。」として、PEN/ピンター賞(The PEN/Pinter prize)の授賞式で話して、サルマン・ラシュディは、単語イスラム恐怖症(IslamophobiaIslamophobia)が「非常に嫌いである。」と言った。

しかし、タリバンによるアフガニスタンの人々の圧迫(towards the oppression of the people of Afghanistan by the Taliban)の方へ、アヤトラによるイラン人の圧迫(towards the oppression of Iranians by the ayatollahs)、そしてイラクで、人々の死の方へ今日「恐怖症を感じる」(towards the death of people in Iraq today)ことが正しいと著者は主張した。

「イラクで殺されているものは人間だけでなく全体の文化です。そのような力への嫌悪を感じることは偏狭ではありません。それは出来事の恐怖に対する唯一の可能な反応です。」
「私があなたの考えが好きでなければ」、サルマン・ラシュディは「ちょうどあなたが私のものが好きではないと言うことが受理可能なので、私がそのように言うことは受理可能であるに違いありません。」
「それらがこれ側であるいはその虚構の空神を持つことを主張するだけで、考えは共有することができません。」と続けた。

PEN/ピンター賞は、言論の自由主唱者ハロルド・ピンター(Harold Pinter)の精神を例証するために裁かれる作家に与えられる。

サルマン・ラシュディは、拘束されたシリアの活動家マゼン・ダルウィーシュ(Syrian activist Mazen Darwish)と賞を共有するだろうと木曜日に発表した。

「任意で、不正である」ものとしてダルウィーシュの拘留を非難した後に、サルマン・ラシュディは、市民として、この中で世界の恐怖について言えば宗教の身体障害、およびそれを出現させて、それを正当化する言語の新しい時代を回避することができないと授賞式のゲストに伝え、その結果、若いイギリス人を含む若者は、それら自身が正義の戦争をしていると考える極端な獣性の法律の方へリードした。」

アメリカのキリスト教の過激派、およびインドのヒンズー過激派によって、宗教の言語が「私たちの時代に恐ろしく押し潰された。」とサルマン・ラシュディは言った。「しかし、その問題の圧倒的な重量はイスラムの世界にあります。また、その多くは、サウジアラビアに全体的に支持されて、イスラム内のダラフィスト・ムーブメント(Salafist movement)から出る血液と戦争のイデオロギーの言語の中にその根を持っています。」

「私たちが持っている世界では、すべては、一般に宗教および1つの特別の宗教に驚くようになりました。その中で、特別なそれらの神秘的な空神(unearthly sky god)の名のもとに地球の暴力をふるう、信心家のキャパシティーとして再定義された宗教。」
宗教の過激派は現代性の敵である。とサルマン・ラシュディが言った。

「自由のその言語を備えた、男性と同様に女性のために、近代兵器によってバックアップされた狂信の歪んだ中世研究家言語によって、暴政ではなく。政府の中の合法性に対するその主張、および非聖職主義へのその強い傾向を備え、遠方に宗教から現代性はターゲットとされています。」

これが「ジハドの戦士かっこよさ(jihadi-cool)」とあだ名をつけられた言語で、それが、何人かの若者にとっての非常に大きな魅力を持っていると、サルマン・ラシュディは言った。それ「何百も恐らく説得する、ISの戦闘員(worryingly)に、はるかにより多くのイギリスのイスラム教徒がイギリスの軍隊に参加するよりジハード戦士に加わり、斬首の野蛮人に加わる、何千ものイギリスののイスラム教徒がいる。」

人ブーカー賞(Man Booker priz)の受賞者サルマン・ラシュディはさらにPENの元社長で,また前のピンターの友人でもある。

時事英語PENの社長モーリーン・フリーリー)current English PEN president Maureen Freely)は、彼の「表現の自由のために意見を述べる長年と、彼の親切の無数の私法律」に関しては同様に、作家が中傷されるか、起訴されるか、亡命を強いられるのを不当に見るとき、彼に個人の利息がかかる。」ので、賞が彼に与えられた言った。

2011-11-15---「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、Facebookとの戦いで勝利!
2007-06-18---エリザベス二世女王がモハメット否定論者に騎士の称号!
2007-06-16---エリザベス二世女王が、モハメット否定論者に騎士の称号を与えた。
1990-12-26---ハメネイもサルマン・ラシュディの死刑宣告が有効と言った。
1989-02-14---イランのホメイニが、サルマン・ラシュディに、死刑を宣告した。