2014-10-10

フランス人の200万人以上が海外で暮らしている。

経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)は、200万人以上のフランス人が現在、外国で暮らしており、最も多くがドーバー海峡を横断して、ロンドンに向かいると報告した。

400のチーズの土地モリエール(Molière)とココ・シャネル(Coco Chanel)は、先例がない流出に直面している。

250万人までのフランスの人々が現在海外で暮らして、毎年増えている。

フランスの国会の調査委員会(French parliamentary commission)は火曜日に移住に関するその報告書を公表する予定でにしている。
しかし、フィガロ(Le Figaro)は、流出の理由に関するそのメンバー中の政治論争のために、右翼の反対による「反報告書」が付録として公表されることになっていると2014年10月09日に報告しました。

中心右派代理人は、フランスの「血」である人々が「成功することができないという印象」のために去ろうとしていると確信している、と委員会の議長を務めたUMPの事務局長ルク・シャテル( Luc Chatel, secretary general of the UMP, who chaired the commission.)が言った。

「反仕事の会計と知能および不合理なの圧力、促進見通しの不足、および将来世代に垂れ下がる負債の負担がある。」と彼がフィガロに伝えた。

しかし、報告書の著者で社会党の代理人ヤン・ガルト(Yann Galut)は、「重い亡命者」が2012年にフランソワ・オランド大統領の選挙(election of President François Hollande in 2012.)以来起こったことをそれが証明することができなかったので、UMPが不幸であると言った。

確かなことは年金受領者へ、起業家の仕事を捜す若い人々から、社会のすべてのセクションを横切って移民の数の中の着実な伸びであった。

先月末で公表されたフランスの外務省の報告書によれば、トップ5つの目的地は、イギリス、スイス、米国、ベルギーおよびドイツであった。

ロンドンのフランス領事職は、首都に、フランスの6番めに大きな都市の人口と等しい400,000人までのフランス国民が住んでいると推測した。

外務省は昨年の終わりに160万人の国籍離脱者を記録した。

しかし、その図は、単にフランスの領事館で外国へ泊まった人々を含んでいる。

「したがって、実際は2倍高いようです。」とフランス一般的市民の団体代表ヘレン・シャルバリア(Hélène Charveriat)が言った。

彼女は、250万人の国外移住者は「巨大ではない」が、それ以上に心配することは毎年約2%の増加であった。

「若い人々は刺激されたと感じます。また、彼らは面白い仕事を望みます。ビジネスマンは、労働基準が複雑で、働き始める前にさえ彼らが課税される。」と言った。

「年金受領者はさらに外国へより少ない税を納付することができます。」と彼女が言った。

フランスの失業率は10%辺りをうろついている。

€800,000(£630,000)以上の高い稼ぎ手に関しては、財産上の富裕税の対象となるほとんど600人が、前年を20%超えて2012年にフランスを逃亡した。

マヌエル・バレス首相(Manuel Valls, the Prime Minister)は今週、多くの大実業家および有名人が出ていいた後、75%のトップの所得税率は次の1月廃止されるでしょうと、ロンドンで発表した。

ヘレン・シャルバリア夫人は、彼女が話しかけたフランスの逃亡者アンディー・ストリート(Andy Stree)の常務取締役ジョン・ルイス(John Lewis)が、「フランスは終えました。」と発言した後に、謝罪することを強いられた。

2013-01-06---喜劇俳優ジェラール・ドパルデューは、ロシアのパスポートを入手。
2013-01-03---喜劇俳優ジェラール・ドパルデューは、ロシアの市民権を得た!
2012-12-29---評議員会によってうちのめされた75%の所得税をフランス式に調理。