2014年10月11日

ジャーナリストは、どのようにエボラと戦って取材するか?

モバイル・マネー美容と医学の科学政治経済観光宗教

BBC Newsはにエボラが原因で、西アフリカではそれらのほぼ、4,000人以上が死亡した。
その現場取材は、どのように行われているのか?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

BBCのグローバルな健康特派員チューリップ・マズムだー(BBC Global Health correspondent Tulip Mazumdar)はシエラレオネの現場から、その危機についてビデオで報告している。

ここで、彼女は、それら自身を防ぐためにジャーナリストと医者が行っている手段を説明している。
そして、医師が行かないような村の取材もしている。
さらに、もっとも危険な葬儀にまで参加している。

一つ間違えば、死が自分の番である。

転ぶことも許されない。

1995-05-21---エボラ出血熱で101人が死亡したと発表した。
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2011-12-17---ブルース歌手のセサリア・エボラが死去した。
2012-07-30---ウガンダで蔓延した致命的なエボラ・ウイルスの脅威!
2012-08-18---エボラ・ウイルスは、DRコンゴの町Isiroを攻撃!
2014-04-01---なぜ、エボラはそれほど危険か!?
2014-05-26---シエラレオネは、エボラ発生で最初の死を確認。
2014-06-23---西アフリカのエボラ出血熱、「もはや制御不能」
2014-07-08---米国政府の収納室で、天然痘の忘れられたガラス瓶が見つかった。
2014-07-11---CDCは、過去十年間で不適当に5つの危険な病原体を送った。
2014-07-16---さらに米国政府施設で、デング熱ウイルスなど薬瓶327本が見つかった。
2014-07-17---1976年にエボラ熱を発見したウィルス探偵医師団。
2014-07-29---エボラ発生で、リベリアはフットボールを保留。
2014-08-02---エボラ菌感染者、アメリカ合衆国に上陸。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-22---セネガルは、エボラ現場への通過点防御で、国境閉鎖。
2014-08-23---今度は、イギリス人がシエラレオネで、エボラ感染確認。
2014-08-25---実験的薬剤ZMapp投与にもかかわらず、エボラの医者は死亡!
2014-09-02---エボラは3062人に感染し、現在の1552人が死亡した。
2014-09-02---国境なき翻訳者は、エボラを引き受けた。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-09-12---病院は、秘密のエボラ治療に、ベン&ジェリーズを使用。
2014-09-12---エボラ感染でロンドンに空輸された医師は、完治したのでアフリカに帰る!
2014-09-23---リベリアは、開発援助の代わりに、森林破壊を止める。
2014-09-24---エボラの現状。
2014-09-24---疾病コントロール・センターの最悪のシナリオは、エボラが1月までに140万に達する。
2014-09-26---西アフリカのエボラによる死は3,000人を越えた!
2014-09-30---ブリズベーン医者、エボラ発病の恐怖を語る!
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-10-02---エボラの危険から、国境を閉鎖している国々。
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-04---ドイツとフランスのエボラ感染医療従事者、回復。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-06---エボラ生還者が協力するエボラ治療訓練施設。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが、米国の病院で死亡。
2014-10-09---エボラの挑戦は、エイズ以来最大。奴隷時代以降で、最大の黒人が死んでいる。
2014-10-09---スペインの看護師テレサ・ロメロは、悪化!
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告