2014年10月11日

世界初のバイオニクスのオリンピックCybathlonがやってくる!

未来美容と医学の科学スポーツ

BBC Newsは、SFのように聞こえるかもしれないが、しかし、世界初のバイオニクス・オリンピック(bionic Olympics)が組織されていると報告した。

それはCybathalonと呼ばれ、スイスで保持されることになっている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

チューリッヒ大学のロバート・リーナー教授(Professor Robert Riener from the University of Zurich)はロボットに援助されたリハビリテーションを開発するエキスパートで、このユニークな競技の組織に関係している。

バイオニクスの腕を装備する最初の女性クローディア・ミッチェルは、それを思うだけで動かすことができる。

2014-03-27---バイオニクス・オリンピック「Cybathlon」は2016年に開催される。
2013-12-03---SU(Singularity University/特異性大学)は、人間のための先端技術の将来を計画。
2010-05-09---BT(British Telecom)が未来の技術年表をPDFで公開している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト