AD SPACE

2014-10-11

MacRumors、Apple Payを10月18日に始めるメモを公開。

モバイル・マネー

AppleInsiderは、MacRumorsによって公表された米国で最大の薬局チェーンのウォルグリーン(U.S., Walgreens)の商店経営者のもとへ送られた、次の10月18日土曜日にiPhoneの6に基づいたアップル有料サービスの着手の準備をしてくれるように従業員に依頼する内部企業メモを紹介したと報告した。

そこには、単に「10月18日のApple Payの開始(the launch of Apple Pay on October 18.)」を示している。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、それは、その同じ日に米国中でそのペイメント・サービスを始めることをアップルが計画するかどうかを示していない。あるいは、それ自体が計画しているウォルグリーンの土曜日の統合初公開かもしれない。

それの2日に先立って、アップルは、それがその次世代iPadおよび潜在的に他の新しいハードウェアを明らかにすると予想される場合に基調講演を保持する準備ができている。

さらに、その会社は、iPhone 6およびiPhone 6のためのApple Pay機能性を可能にすると予想され、それが期待されているiOS 8.1のリリースで、より多くを明確にするだろうと言う考えが、増している。

うわさされるウォルグリーン・メモは、Apple Payがそうであると商店経営者に「また容易、安全に、それらのプライバシーを保証する。」と述べている。
さらに、それは、顧客が「彼らのiPhone 6を単にそれらの購入に払うべきpinpadの上部を軽く打つ必要があるだろう」と述べた。

ウォルグリーンが、米国で最大の薬局チェーン小売り店であるので、アップルの重要なパートナーである。

その会社は、50州すべての8,000を超える店を展開している。

ウォルグリーン他のような店はアップルを支援することができ、アップルのペイメント手段が確立しているNFC(near-field communications/ニアフィールド通信)技術に依存するので、容易に払うことで、それは既に広く他のモバイル・ペイメント・サービスのために採用されている。

しかし、アップル・ペイメントは処理を認可するためのセキュリティを改善して、折り目へiPhone 6つのタッチID指紋スキャナーを持って来る。

自らアップルが、10月にApple Payを始めることを誓約しまが、特定の発行開始日を与えていない。

Apple Payを許可するのに必要なNFC技術は、9月にリリースされてモデル化した会社の最新のiPhone 6で単に見つかる。

ただし、それが日本に入ってくるのはいつかを知っているのは、シリコンバレーにいる孫正義だけかもしれない。

シリコンバレーのカフェでは、信じられない会話が起こる。
以前も、カフェで、Googleとアップルのボスが雑談しているのが見られた。

2010-03-26---街中で公然と、ジョブスとシュミットが用談しているところが見られた!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE