2014-10-10

マララとカイラシュ・サティーアーティはノーベル平和賞を受賞。

美容と医学の科学人物戦争と平和政治

BBC Newsは、女性や子どもの権利を訴えてきた17歳のパキスタンのマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)とインドの子どもの権利活動家カイラシュ・サトヤルティ(Kailash Satyarthi/कैलाश सत्यार्थी)は、共同でノーベル平和賞を受賞したと報告した。

マララ・ユスフザイは、今までで最も若い受賞者になった。

彼女は、少女の教育のためにキャンペーンするために2012年10月にタリバン・ガンマンによって頭を撃たれた。

彼女は今、イギリスでバーミンガム(Birmingham)で暮らしている。

ノーベルの委員会はペアの「子どもおよび若い人々の抑制に対する努力」を賞賛した。

カイラシュ・サトヤルティは、マハトマ・ガンジーの伝統を維持しており、「金融利得のための子どもの重大な開発に注目する」、平和な抗議の様々な形式を率いた、と委員会がオスロのノーベル研究所(Nobel Institute in Oslo)で言った。

子どもの権利と人身売買の終わりのために、キャンペーンとして、Bachpan Bachao Andolan、あるいはSave the Childhood Movementが60歳に設立された。

ニュースに反応して、カイラシュ・サトヤルティはBBCに、
「それはすべてのインド人のための大きな名誉である。技術、市場および経済のすべての進歩の奴隷制度と、侮辱にまだ住んでいる。そのすべての子どもたちのための名誉である。」
「また、私は、そのすべての子どもたちに世界でこの賞を捧げる。」と言った。

職員生徒一同が即席の会議で、ニュースを与えられる前に、マララ・ユスフザイは、金曜日にニュースを伝えられたバーミンガムの彼女の新しい本部所在地の彼女の教室から取り出された。

彼女の父親ジアウディン・ユスフザイ(Ziauddin Yousafzai)は、賞が「マララの勇気を押し上げて、少女の教育のために働く彼女の能力を増強するだろう。」とAP通信社に伝えた。

ただし、まだ何もしていなかったオバマ大統領が、ノーベル平和賞が受賞し、かなり政治色が濃いと言われている。
マララ・ユスフザイのバックには、慈善団体が密着して、コントロールしていると言われている。

2014-09-12---マララ・ユスフザイを撃った容疑者をパキスタン軍隊が逮捕。
2014-02-18---マラヤは、CNNに世界でシリアの子供の世代を危うくしていると伝えた。
2013-11-20---マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)のプロファイル。
2013-10-11---16歳のマララ・ユスフザイはホワイトハウスでオバマ大統領に会った。
2013-10-08---タリバンに銃撃された16歳のマララ・ユスフザイが、自伝出版。
2013-09-28---タリバンによって撃たれたパキスタンの少女は、ハーバードで尊敬された。
2013-09-03---バーミンガムの図書館、£18900万で公式オープン。
2013-07-12---撃たれたパキスタン女子生徒、国連でキャンペーン!
2013-05-30---中国のスポットライトの中で増加するシャングリラ対話。
2013-05-17---脳の刺激は、「永続的な数学」の上昇を約束。
2013-04-05---マララ・ユーサフザイとアンジェリーナ・ジョリーは学校基金を設立。
2013-03-28---タリバンに頭を撃たれたパキスタンの少女が本を出版!
2012-08-15---ネパールのヒマラヤ山脈の旧「隠れた王国ムスタン」
2011-10-29---パミール高原山脈でのヤク・ミルクによるもてなし!
2009-09-18---「香格里拉(シャングリラ)」は「茶馬古道」の桃源郷。
2008-09-14---インド、ラーマーヤナの叙事詩の愛と勇気電子図書館