2014-10-10

あなたは本当に、ヤギと人間を区別することができるか?

ファッションアート

BBC Newsは、中国では髪のエクステンション(extensions)、カツラ(wigs)、ウェーブ(weaves)は大企業になっていると報告した。

美容院とショッピング・モールの買い手は、それらが実際の人毛を得ていると、しばしば伝えられている。
しかし、あなたが注意深く見る場合、時々、事態はそれらが見て、聞いたとおりではないことを知る。

中国中部の湖南省(Hunan province, central China)の小さな村で、白い服とショートパンツを着人、1人の男がさびた自転車でほこりまみれの通りを、ベルを叫び鳴らして通り過ぎていく。

彼を止めて、彼が何をやっているか尋ねると、「私は髪を集めています」と彼が言った。

「私が現われられたベル女性に電話し、私がそれらの髪を切って、エクステンションを作ります。」

彼がそれらの髪のために女性にどれくらい払うか彼に尋ねると、

「私はそれらによい価格を提供します。しかし、私は利益を得る必要があります」と彼が微笑で言った。

村の通りは灼熱の太陽の下に、乾く髪でカバーされている。

髪のうちのいくらかはまだ明確に人毛で、そうでなければ、通りを歩き回る剃ったヤギの数は示唆する。

彼は、髪を集めた後に、10人の女性がそれをともにエクステンションに組み入れる、小さな工場にそれを持っていく。

傍観して、ともに織ってある髪のうちのいくらかが人毛であることが分かった。
また、そのうちのいくらかは明確にそうではなかった。

その後、彼は、国中の店へ売られる前に、化学薬品でそれが扱われる、より大きな工場へそれを売る。

髪が湖南省(Hunan)の次に、どこに行ったかに確かめたくなった。

したがって、百万都市広州市(Guangzhou)を訪れた。

以前は県(Canton)として知られている都市は、常に中国で最も重要な取り引きするハであり、最も豊富な都市のうちの1つであった。

大きなホテルとオフィスビルは、広大で暗い茶色のパール川(珠江/Pearl River)に近い地平線にそびえている。

超高層ビルのトップは厚い明白な汚染の中に隠されていた。

スモッグの下で、彼女は、広州市の三源里市场(Sanyuanli Market)というエリアの巨大な美交換センターの中でカツラとエクステンションを売る店を所有しているリリー(Lily)に会った。

ここでは、マニキュア液、夜クリームから足鉱泉地および基礎まで何でも買うことができる。

しかし、市場のより低い階は髪に専心的である。
恐ろしいマネキンは、虹を提示したように、すべての色のカツラやウェーブを誇示している。

リリーは、周辺にカールと長いm直線のエクステンションと、最近運ばれた髪をともに束ねた店で腰かけに座った。

髪は、私たちに彼らの出身国を恐らく伝えるラベルと一緒に保持されている。

見たところでは、ここで、人はペルー、インドおよびブラジルからの髪を買うことができる。

しかし、中国の顧客はここにいない。
すべての買い手は、アフリカの出身のように見える。

ナイジェリア人、ガーナ人、コンゴ人、南アフリカ人、アンゴラ人およびウガンダ人は、利用可能な最も定価つきのエクステンションに印象的なホールを磨いた。

彼らは、帰宅する場合お金を3倍にすることができると伝えた。

忙しい日の終わりごろ、彼女のビジネスがどのように行っているか店所有者リリーに尋ねた。

「それはokです。私たちはかつてはヨーロッパとアメリカへ売りました。しかし、今、私のクライアントのほぼ100%はアフリカにあります」と彼女が言った。

リリーは、売るトレーダーの国籍のリストを示した。
リスト上の39カ国のうち、37国はこの都市の大きなアフリカのコミュニティーを反映して、アフリカにある。

「それは私にとってよいビジネスです。しかし、問題は、中国に住むことと、生産費が今より高くなっったように、私たちが今、髪にもっと払うということです。」と言った。

その後、リリーは記述し、どのように、彼女のビジネスを有益にするために、量り分ける場合、彼女は偽の規模を使用しなければなりらない。顧客への髪、また低価格へ、人毛よ合成かヤギ髪の混合物を買う。

「私たちは、それがインドの髪かブラジルの髪であると言います。しかし、それらは実現しません。実際、それは通常中国の髪どころかヤギ髪です。」

彼女が「これは私たちが事態を安くしておくことができるただ一つの方法です。」と彼女の顧客が強硬な契約を常に駆り立てると付け加えて言った。

次のように要求して、私たちがウガンダのマリーが来る会話を終了することができる前に、「私はブラジルの髪(単にブラジル人)を望み、私に極上品および最良の価格をください。」と言う。

その交渉は、カツラを疲労させて、腹を立てたように見えるマネキンの注意する目の下で何時間も進む。

太陽が沈み、月が広州市の汚染された地平線上に昇り始めるとともに、マリーは手ぶらで去る。

彼女が、髪のうちのいくらかが人間でないことを知っているかどうか尋ねるために店を去るとともに、彼女を追いかけた。

「もちろん、私は知っています。中国のものは、私たちが愚かであると考えます。」
「私は、ウガンダからはるばる来ます。また、彼らは、私は髪を知らないと思います。」と彼女が言った。

マリーは休止し、次に、私に耳打ちするために接近して来る前に、巨大で心からの笑いを出す。
「帰宅し、カンパラの美しい女性が頭の上にヤギを飼っていることを知っている場合、私は非常に笑います。」と言った。

つまり、お互いに知っていて騙し、騙された化かし合いのビジネスが展開される。

これまでに無いアートが楽しめるかもしれない。

2013-09-25---アメリカの学校はドレッドヘア、アフロヘアの禁止で非難された。
2013-08-15---ベネズエラの大統領は、女性の髪を盗んでいる暴力団を摘発。
2013-07-05---ブレット・ボルトン博士の毛髪移植によるはげ克服!
2012-02-17---ファッションの歴史は、スタイルに衝撃を与えている。
2012-02-08---何でみんなは、こんなにペットを着飾るのか?
2012-10-30---赤毛の人は、黒色腫でより高い危険性。
2010-11-22---ロシアの貧乏人にとって、ブロンドの髪は「金」の切れ端。