gaYa広告

2014年10月09日

シリアのISに対するトルコ単独の地上戦闘は非現実的!

戦争と平和経済政治性とメディア

BBC Newsは、トルコの外務大臣は、シリアでIS(Islamic State/イスラム国家)闘士に対する地上作戦を独力でリードすることは予想することができないと言った。

メブラット・カブソグル(Mevlut Cavusoglu)は、さらに新しいNATOチーフのイェンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)とのアンカラでの会談の後にシリアとのその国境の飛行禁止区域の生成を要求した。

トルコは、シリアの町コバネ(Kobane)の戦略で、ISと戦うクルド人の軍隊を支援するためにもっと行う激しい圧力の下にある。

活動家は、ISが今、激しい戦いの後にコバネのおよそ3分の1をコントロールしていると言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

監視団体「信頼できる出所」を引用する人権用のシリアの観測所(Syrian Observatory for Human Rights)は、東部地区からの町の中心の方へISが進んでいたと言った。

ラミ・アブデル・ラーマン管理者(Director Rami Abdel Rahman)は、ジハード戦士が町の北東の基地を越えた時、クルド人の市民軍リーダーおよび彼の部下のうちの数人が死ぬとAFP通信社に伝えた。

観測所は、米国主導の連合空襲23機の戦闘機が、42人のISが水曜日にコバネで死んだと言った。

クルド人の軍隊は15人の戦闘員を失った、とグループが言いました。

空襲は、夜通し木曜の朝へ継続した。

煙の噴煙は、アイン・アル-アラブ(Ayn al-Arab)として知られている町の上に上昇するのを見ることができるかもしれないと言っている。

米国中央司令部(US Central Command)は、5つのストライキが水曜日と木曜日にコバネの南へ行なわれたことを確認した。

それらはIS訓練キャンプを破壊し、建物と2台の戦車を破壊し、さらに、2カ所のISユニットを打った。

以前に、コバネの中のクルド人のリーダーは、重火器を持ち込んで、ISがもう2つの地区に夜通し入ったと言いました。

トルコは、町を見下ろすその国境に沿った戦車を配置したが、介在するための手を打たなかった。

メブラット・カブソグルは、IS.に対して可能なトルコのアクションでシュトルテンベルクと米国の使節との会談を行っていた。

「トルコが地上作戦を独力で行なうと予想することは現実的ではない。」と彼が記者会見で伝えた。

「私たちは会談を行っています。一旦共同決定があれば、トルコは自分の役割を果たすことを躊躇しないでしょう。」
グループがシリアとイラクの領域の包域をとらえた後、米国は、ISに対する国際的な連合をリードしている。
その両方はトルコと境界を共有している。

トルコは、ひとつにはそれが闘士と戦っているクルド人の軍隊に装備させることについて関心を持っているので、含まれていることを警戒しているままである。

トルコは、そのクルド人の少数派と長い内戦を行ってきた。

やっと内紛を終結して、まだ乾く前である。

トルコの介在を要求するクルド人支持の抗議者は、少なくとも12人を死亡させて、最近の日をめぐっていくつかの都市の警察と衝突した。

警察で抗議者は、ハーリング火炎瓶で水曜日の夜にイスタンブールでさらに戦いがあった。
警察は放水砲と催涙ガスで応戦した。

しかし、政府は、先週軍事行動のための可能な国会の認可を勝ち取った。

その運動は、トルコ軍がトルコを脅かす闘士に対する、シリアおよびイラクの中への侵入を始めるために法的枠組みを提供する。

さらに、それは、外国の軍隊が同じキャンペーンの一部としてトルコに配置されることを可能にした。

ついに、トルコがNATO軍や米軍と連合できる環境が整った。
次は、米軍を飛行機から降ろし、陸軍を展開させることになる。
それは、イラクとトルコからの総攻撃を可能にする。

NATOメンバーであるトルコは、横切って移動する闘士を止めて、かつトルコへの難民の流入を緩和するために、その国境のシリアのサイドに沿った飛行禁止区域によって国境地帯の生成あるいは安全避難所が強化されるのを望みる。

日本の自衛隊では役に立たないので、トルコから農産物を輸入し、経済的に支援すべきである。
その先頭に、すでに実績がある神戸物産指名すべきである。

フランスは、ホワイトハウスを支援する考えだが、「今ちょうど考慮中でまだない。」と言った。

ロシアの外務省は、緩衝地帯のどんな計画も国連安全保障理事会の承認(UN Security Council approval.)を要求するだろうと言った。

アンカラで話すシュトルテンベルクは、シリアの内部の飛行禁止区域か緩衝地帯のセット・アップがNATOによって議論されていないと言xtutaた。

ペンタゴン・スポークスマンであるリヤ・アデム・ジョン・カービー(Pentagon spokesman Rear Adm John Kirby)は、「空襲だけでは、コボネの町を保持できないでしょう」と警告した。
「私たちは、それと私たちが何度も繰り返してそう言っていることを知っています。」
ペンタゴンも、トルコの考えに賛成している。
いくら、かってのオスマントルコ帝国と言え、現代では不可能である。

彼は、結局、シリアおよびイラク軍の反政府武装集団がIS闘士を破らなければならないだろうと言った。
しかし、時間はかかる。
同様の視界はイギリス外務大臣フィリップ(British Foreign Secretary Philip)によって表現されました。
イギリスもトルコの考えに賛成した。

オバマ大統領の当初の作戦は、甘すぎた。

コバネ(Kobane)と呼ばれたアイン・アル-アラブ(Ayn al-Arab)の国境ゲートのGoogle Earthポインター情報
36°53'59.0"N 38°20'57.8"E
または、
36.899728, 38.349392

2014-10-09---オーストラリア、イラクで最初のISへの爆弾攻撃開始!
2014-10-08---コバネの抗議で、クルド人とトルコの系猿が激突で、14人死亡。
2014-10-07---ISは、国境の町への攻撃を拡大。
2014-10-06---ジョー・バイデン米国副大統領はぼけたか?シリア過激派コメントでUAEに謝罪。
2014-10-05---ジェニファー・ウィリアムスは、イスラム過激派からプロポーズされた。
2014-10-01---コバネに近い、シリアに米軍が空爆。
2014-09-28---歴史のない米国が関係する戦場は、古代遺跡を壊滅的に破壊する。
2014-09-27---ISは、シリア国境の空爆で攻撃対象だった。
2014-09-27---イギリス空軍のジェットはイラク上の戦闘任務のためにキプロスを離陸した。
2014-09-26---ベルギー議会もISに対する空襲に参加することに投票した。
2014-09-26---デンマークもISに対する米国主導の連合に参加。
2014-09-26---イギリス議会は、イラクでISに対して空襲支援を承認。
2014-09-25---フランス観光客の人質の首を切ること!
2014-09-24---イギリスは、IS(Islamic State/イスラム国家)との戦いを避けられない。
2014-09-24---イラクの忘れられた人々、Yazidi怒り。
2014-09-23---米国はシリアで空襲を開始。
2014-09-23---米国海軍は、シリア爆撃のトマホーク巡航ミサイルの発射ビデオを公開。
2014-09-21---トルコ軍は、シリア国境に集まったクルド人支持者を催涙ガスで追い払った。
2014-09-20---シリアのイスラム国家から、66,000人がトルコへ逃れた。
2014-09-20---イラクで、ISISの人質になったトルコの49人は、開放された。
2014-09-19---フランスはイラクで、ISに対する空襲を始めた。
2014-09-19---トルコはISを避けるシリアのクルド人に、国境を開放!
2014-09-18---地図で見たイラクとシリアの戦い。
2014-09-16---斬首されたイギリス人。---ピーター・ベルゲン。
2014-09-15---IS危機で、世界のリーダーはイラクの支援を要請。
2014-09-14---IS(Islamic State/イスラム国家)の軍資金は、日ごとに拡大。
2014-09-13---米国国務長官ジョン・ケリー、エジプトがISとの戦いで重要と説得。
2014-09-13---イスラム国家、「イギリス人の人質を処刑」し、動画公開。
2014-09-13---イランは、イラクの IS(Islamic State)と戦うと宣言!
2014-09-12---ISIS、ISILあるいはIS、どれが正しいのか?
2014-09-11---オバマ米国大統領は、IS戦広大で、「権威を持っている」と言った。
2014-09-11---ISISは、イラクのジャーナリストを処刑すると脅している。
2014-09-09---ナイジェリアのBoko Haramは、元大統領オバサンジョの息子を撃った。
2014-09-09---イギリスは、イラク政府へジハード戦士戦うために重機関銃と弾薬を寄贈。
2014-09-08---オバマ大統領はどのようにイスラム国家を破ることができるか
2014-08-28---イスラム国家は、シリア軍の「多数の兵士」を処刑。
2014-08-27---シリアの斬首の写真は、Facebook再考の要請に拍車をかけた。
2014-08-21---ユダヤの追放者The diasporaは、イスラム国家を支援していることになった。
2014-08-20---Twitterは、ジェームズ・フォーリーの死の画像を削除。
2014-08-19---国連、北イラクで新しい援助を開始。
2014-08-17---クルド軍が、キーになっている「モスル・ダム」を奪還。
2014-08-15---BBCのチームは、RAFのイラク偵察任務に搭乗した。
2014-08-15---トルコのクルド人の女性は独立から、ソーシャル国家に向かった。
2014-08-13---イラクの反政府運動組織は、どのようにダムを利用するか。
2014-08-11---レジェプ・タイップ・エルドアンは、大統領をトルコのための新時代と歓迎。
2014-08-11---イラクのノウリ・マリキ首相のステータスに関する混乱。
2014-08-10---米国は、闘士の新しい空襲の第3回戦を実行。
2014-08-10---CNNのビデオ、イスラムか?死か?
2014-08-10---トルコの大統領選、投票は大接近。
2014-08-08---米国のイラク空爆は、現代版のモーゼの「十戒の戦い」ともいえる。
2014-08-08---米国は空襲を、イラクでISIS闘士に対して開始した。
2014-08-08---戦争と、ウォールストリートの株価。
2014-08-01---ガザ停戦発効からわずか数時間で終了!南部で27人死亡!
2014-08-01---ジョン・ケリー、「解決を見つける機会」は数時間で崩壊。
2014-07-31---ガザは、米国-イスラエルの新しい段階に入った「特別な関係」をテスト中。
2014-07-31---イスラエルは、まだ殺し続け、米国は弾薬供与し続ける。
2014-07-31---ガザは、米国-イスラエルの新しい段階に入った「特別な関係」をテスト中。
2014-07-29---今の民間機が飛ぶ航路は、本当に安全か?
2014-07-29---ガザ危機。3週間で1,200人以上が死んだ。
2014-07-28---同時多発テロから13年間の戦争の後、米国は全く安全ではない。
2014-07-27---フランシス法王が、ガザの休戦を嘆願。
2014-07-26---ガザの死亡者数1週間で、1,000人を越えた。
2014-07-25---殺された母親から救われたガザ・ベービー。
2014-07-24---子どもは、パレスチナのガザで恐ろしい代償を払っている。
2014-07-22---米国とヨーロッパの航空会社はイスラエル・フライトを保留。
2014-07-20---トルコのエルドアン首相、ヒトラーに例え、イスラエルを痛烈批判。
2014-07-17---なぜ?ヒトラー・ハッシュタグ急上昇したか?!
2014-07-09---シリアの古代の宝は、どのように破壊されているか!
2014-07-06---パレスチナの少年殺人で、6人が逮捕された。
2014-07-04---イスラエルの襲撃が止まる場合、ハマスの「ガザ停戦の準備ができている。」
2014-06-30---誘拐されたイスラエルの3人にティンエイジャーは、遺体で見つかった。
2014-06-30---アンチ・ハマス・ローリーポップはウエストバンクで撒かれた。
2014-06-22---イスラエル軍は、ウエストバンクの衝突で、パレスチナ人を殺した。
2014-06-22---ティーンエージャーのイスラエル人がゴラン高原で、射殺された。
2014-06-20---#BringBackOurGirlsに続いて、イスラエルの#BringBackOurBoysは注目されるか!?
2014-06-14---テロ集団が、イスラエルの3人のティーンエイジャーを誘拐。
2014-06-08---マフムード・アッバースとシモン・ペレスは中東和平のためのフランシス法王と祈る。
2014-05-25---フランシス法王はイスラエルのウエストバンク分離壁で祈った。
2013-05-10---文化戦争、なぜ文化遺産は攻撃されるのか?
2012-03-03---ギリシャの歴史的遺物密輸業者仲間逮捕!
2011-04-17---ツタンカーメンのトランペット「Tut's toot」!
2007-04-04---過激派は、米国政府当局によって秘かに奨励され、アドバイスを受けている。
2007-03-23---誘拐は金になり、仲間を助けることを証明!?
2007-03-19---アフガニスタンで拘束されていたイタリア人を開放。
2007-03-12---BBCのガザの通信員アラン・ジョンストンが誘拐された。
2005-06-13---イラク博物館で盗まれた遺物キャンペーンが始まった。
2005-06-11---イラク博物館で盗まれた遺物掲示板 in NewYork
2005-04-27---就職難のイラクで、100万倍の大金持ちになる方法!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告