gaYa広告

2014年10月09日

オーストラリアの女性は、茂みの中で17日はぐれていた。

観光自然

BBC Newsは、オーストラリアの女性は、北クィーンズランドで食い物を持たず、茂みの中で17日はぐれていた後に見つかったと報告した。

地元マスコミは、シャノン・レア・フレーザー(Shannon Leah Fraser0は水曜の朝に茂みの中から、出てきた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

30歳の彼女は、2014年09月21日に姿を消した時、彼女のパートナーを含む2人とGolden Holeスイミング・スポットへ行った。

彼女は今、病院で回復しており、感染と怪我、厳しい日焼けのために治療されている。

彼女が仲間から分かれ、それらの乗り物に戻ることに失敗した後、すぐにフレーザーの仲間は最初に警報を出した、とクィーンズランド警察が言った。

3人の子どもをもつ母親の消失は、警察と州の救急サービスからの25人のオフィサーに関係する索敵行動の口火を切った。

ダイバーは池を捜索した。
その一方でオフィサーは、徒歩とクワッドバイクでエリアを探索した。

探索チームが有色のマーカーを落として、ヘリコプター探索は同様に行なわれた。

家族は、フレーザーが茂みの中からのこれらのマーカーに従ったと言った。

警察は、彼女が姿を消した場所から結局ちょうど30m離れた場所で見つかったと言っられた。

なぜチームが彼女を見つけられなかったかリポーターに尋ねられて、国警邏隊検査官リース・ニュートン( Inspector Rhys Newton)は、「それらの状況に没頭している人は、彼女の動作を、私たちが合理的に期待するかもしれないものから行きました。」と言った。

水曜日の08:00に茂みの中から出て来た時、朝食を食べていたバナナ農民は、彼女を見抜き、直ちに近くの病院に彼女を行かせた、とABC(the Australian Broadcasting Corporation/オーストラリア放送協会)は言った。

家族は、フレーザーさんがクリークの水、小さな魚および昆虫で生き残ったとメディアに伝えた。

ある時点では、彼女は怪我を和らげるために3日間クリークで座っていた。

さらに、彼らは、彼女がヒクイドリ(cassowary)および真水のワニ(freshwater crocodile)のような野生動物をかわさなければならなかったと言った。

伝えられるところによれば、フレーザーは以前体重90kgだったが、彼女の苦難中に約16kg瘠せた。

彼女のパートナーのヒース・キャサディー(Heath Cassady)はクーリエ・メール(Courier Mail)に、それらが彼女の失踪に先立って「bender」の上にある「落ち着く」Golden Holeへ行ったと伝えた。

「傷跡は彼女の全身に残され、そして、彼女は非常に痛そうそうだった。」とキャサディーは言った。

「それは驚くべきである‥‥彼女はまだ生きている。」
警察は、彼女がどのように姿を消したかまだ調査している。
しかし、スポークスマンは、彼らがどんな疑わしい状況も無かったと信じないと木曜日のリポーターに伝えた。

行方不明になった場所のGoogle Earthポインター情報
17°25'53.3"S 145°51'33.5"E
または、
-17.431481, 145.859299

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。