gaYa広告

2014年10月02日

インドの政治家は、ほうきを持って町に出るように命じられた!

美容と医学の科学経済政治ファッション

BBC Newsは、インドの400万人の連邦政府スタッフと何百万もの生徒が、国をきれいにする運動の先頭に立つためにほうきと塵払い器を取り上げたと報告した。

全国キャンペーンは独立リーダー、マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)の誕生日と一致する日に始められた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

その日は、祝日として伝統的に祝われている。
しかし、今年、国立学校の公務員および生徒は時間を離れて休んではいられない。

代わりに、それらはオフィスと学校の汚れとほこりを押し流すのに忙しい。
そして、トイレをさらに清潔にする。

また、公務員の多くはそれに満足していない。

清潔駆動はナレンドラ・モディ首相(Prime Minister Narendra Modi)によってリードされてい。木曜の朝に、彼は手ほうきを持って掃いているのが見られた。Swachh Bharat Abhiyan(クリーンなインド・キャンペーン)を始めている間、首都デリーで最大のコロニーであるバルミキ・ナーガル(Valmiki Nagar)通りで掃除を始め清潔にした。

8月15日の国民への彼の独立日演説で、ナレンドラ・モディは、彼は、彼のまわりの全く浸透している不潔により悩まされたました。と話した。

「独立の後、非常に何年も、私たちは、まだ不潔で暮らしたい?私たちはこの多くを解決することができませんか?」と彼は尋ねた。

国家の父親として国で崇敬されたガンジーは清潔と衛生に関して凝り性であると知られていた。

マハトマ・ガンジーへの敬意を払う改善策より、彼の誕生日に「インドを清潔にする」ことへの計画を始めることによって、ナレンドラ・モディ首相は尋ねた、またインドがガンジーの誕生の150周年記念を祝う2019年までに「私たちは国を持つだろう、私たちの村、都市、通り、エリア、学校、寺院および病院には汚れのしみさえがない。」ことを誓った。

きれいなインドが想像できない!

しかし、それは教育をと意識の問題である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。