2014年10月02日

サルコジは、2017年の選挙でシラク・カップルを述べた。

政治人物

BBC Newsは、2017年のフランス大統領候補として戻るニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)の見通しは、ジャック・シラク前大統領(former President Jacques Chirac)と彼の妻ベルナデット(his wife Bernadette)の間で、見解を分割したと報告した。

サルコジのために彼の嫌悪を秘密にしないシラクは、前首相アラン・ジュペ(former Prime Minister Alain Juppe)を選んで、チケットのための異なる人を支持した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

しかし、アラン・ジュペの投票者への訴えを誹謗しに、シラクの妻は放送局に行った。

先週、サルコジは政界復帰を始めた。

北部都市リール(Lille)の集会では、彼は、パーティーの2017の最終的な予備選挙を勝ち取ることへの1ステップと見なされていた、中心右パーティーUMPのリーダーシップのためにキャンペーンを開始した。

59歳のサルコジは、厳密に社会党のライバルに2012年の大統領選挙で負けた。
しかし、フランソワ・オランド(Francois Hollande)は、それ以来現代で最も不人気なフランス大統領になった。

アラン・ジュペはUMPリーダーシップを表わしていないが、彼がサルコジより広い訴えを持っていると主張して、党の大統領のチケットを表わすという彼の野心を宣言した。

特派員は、69歳のアラン・ジュペが2012年以来、党のよく公表された内部戦いの後に、サルコジに対する重大な挑戦をマウントすることができるわずかのUMP政治家のうちの1人であると言った。

フィガロ(Le Figaro,)と話をした、81歳のシラクは、
「私は、アラン・ジュペが彼の運命の呼び出し、フランスのそれに答えるであろうことを常に知りました。我が国のために私をもっと、私のために、彼のために、および特に喜ばせるものはほとんどありません。」
「もしエネルギーを持っていれば、私は既に本部で、「Juppeキャンペーン」の小さなものさえ場所を予約したでしょう。」と言った。

Elysee(1995-2007)で彼の時間の間大臣として彼を迎えるにもかかわらず、彼がサルコジをほとんど好まなかったことは、1012の選挙の前にシラクの回想録から既に明らかであった。

彼が後継者を「鋭敏で、無謀で、最も自惚れが強く、自分に関して疑問を考慮に入れていません。」と、大統領が評した。

しかし、ベルナデット・シラクは、アラン・ジュペが「非常に寒い、また人々を引きつけない。」とフランスのラジオ放送局ヨーロッパ1で伝えた
罪名は、アラン・ジュペによってかわされた。
この人はその後、それが「別の時間からのステレオタイプ」であると言った。

シラク夫人も、ニコラ・サルコジが、彼がジャックとの和解を達成するのを助けるように彼女に要求していたと言うとしてフランスの風刺の新聞カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaine)によって引用された。

彼女は、「彼が、秘密に彼に会う準備がどんな場所でもできているとさらに言った.」と言ったと伝えられた。

その間に、サルコジの長期間にわたる法廷闘争は今週、Bygmalion事柄で押された最初のチャージでさらに返り咲iた。
それは、サルコジの2012年の再選キャンペーン中にPR会社Bygmalionによって行なわれるイベントのためのインボイスに関係があった。

裁判官は、逓増的費用をカバーするために党が1000万ユーロ(£800万/US1360万)の価値のインボイスを偽造したというクレームを調査している。

木曜日に公表されたYouGov/Huffingtonポストの投票は、投票者の56%が人気のある32%だけと共にサルコジの復帰に反対であることを示唆した。

2014-08-27---IMFのクリスティーヌ・ラガルドを調査中!
2014-07-01---フランスのサルコジ前大統領を事情聴取のため拘束。
2013-07-05---サルコジ元フランス大統領のUMP党は、お金を使い過ぎたので打たれた!
2012-11-22---サルコジ前大統領は不法な寄付で尋問!
2012-04-19---なぜフランスのサルコジ大統領はそのように嫌われるのか。
2011-09-25---サルコジ、上院で大敗の窮地!
2011-09-01---リビア再建サミットをパリで開催。
2011-09-01---サルコジ大統領は、ル・モンドをシークレット・サービスに見張らせた。
2008-10-30---サルコジ大統領のブードゥー人形販売差し止め請求、裁判所拒否!
2008-10-20---フランス大統領サルコジ、カード詐欺被害!
2008-05-11---フランスのメディアを威嚇するサルコジ大統領を起訴!
2007-11-30---「サルコジなしの日」を設定するように訴えた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト