2014年10月02日

衛星は大洋海底で、新しい「何千もの山脈」を検知した。

戦争と平和美容と医学の科学観光政治経済

BBC Newsは、現代の状況は、地球で何千も新しい山脈を発見することはあり得ないと考えられていたが、米国とヨーロッパの研究調査チームは、それを行ったと報告した。

さらにその上に、これらの頂上はすべて高さが少なくとも1500m以上であった。

それらが今まで未承認であった理由は、それらが海洋の底にあるからで、先日のマレーシア航空の飛行機が見つからない方が自然なのである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

デイブ・サンドベルと、彼の同僚は、水の下の山脈の存在を識別し、かつ科学雑誌Scienceでそれらの発見物を報告するためにレーダー衛星を使用した。

Science 3 October 2014:
Vol. 346 no. 6205 pp. 65-67
DOI: 10.1126/science.1258213

REPORT
New global marine gravity model from CryoSat-2 and Jason-1 reveals buried tectonic structure
David T. Sandwell1,*,
R. Dietmar Müller2,
Walter H. F. Smith3,
Emmanuel Garcia1,
Richard Francis4

1Scripps Institution of Oceanography, La Jolla, CA 92093, USA.
2EarthByte Group, School of Geosciences, University of Sydney, New South Wales, Australia.
3Laboratory for Satellite Altimetry, National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA), College Park, MD 20740, USA.
4European Space Agency/European Space Research and Technology Centre, Keplerlaan 1, 2201AZ Noordwijk, Netherlands.

Received for publication 2 July 2014.
Accepted for publication 2 September 2014.

「前のレーダー・データセットで、私たちは、すべてが2000mより高い山脈を見ることができました。また、5,000の海山がありました。」とデイブ・サンドベル教授はBBCニュースに伝えた。

「私たちは完全にはまだ仕事をしていませんが、私たちの新しいデータセットで、私は、私たちが高さ1500mであるものを見ることができると推測しています。」
「大きな改良だが海山の数が減少するサイズで指数関数的に上がるように、それは思われないかもしれません。」
「したがって、私たちは既に名高い5,000の上にさらに25,000を検知することができるかもしれません。」と海洋学のスクリップス協会(Scripps Institution of Oceanography)の研究者が説明した。

野生生物が、これらの地形学の最高値のまわりで集まる傾向があるので、海山がどこか知ることは漁業経営と保存にとって重要である。

海底の粗さは、流れを操縦し、混合を促進する理解に重大な振る舞い、海洋はどのように熱を輸送するか。また、気候に影響を及ぼすか。など、さらに重要である。

しかし、海底についての私たちの知識は貧弱である。
それらは、オーストラリアの西で墜落したと考えられる行方不明のマレーシア航空会社ジェットMH370を探索して、その問題を明らかにした。

その問題は、海水、土地上の山脈を写像するために使用されるすべての標準技術が不透明であった。

船からの音響測深器は、底構造から音を弾ませることによりまさに高解像度情報を集めることができる。
しかし、グローバルな海洋の10%未満は、それが含んでいる努力のためにこの方法で適切に調査されていない。

シドニー大学のディートマル・ミュラー(Dietmar Müller from the University of Sydney)は、
「調査の黄金時代は本当に終わったと一般に思ってもよい。私たちは大陸の中で最も遠隔のすべての角へ行ったことがあります。また、恐らく、人は同海洋盆について考えるかもしれません。しかし、悲しいかな、これは真実ではありません。私たちは、私たちが海底のことを知っているより、火星の地形学に関してさらにもっとたくさん知っています。」

これは、H370の捜査中になんども指摘され、足下を見ないで遠くばかりを気にしてきたことが、明らかになった。

つまり、リモートセンシングは、何もできていなかった。
高精細技術で、かなり小さなものまで見つけることができたのに、あんな大きな飛行機が見つからない。
1500m以上の山脈も見つけられなかった。

リモートセンシングの技術者は、何を無駄遣いしてきたのか?
東京大学地震研究所は、東北大震災をあらだけ多く余震が起こっても警告できなかった。
気象庁は、津波を20分の1以下に予測した。
今回の御嶽山噴火も、データを分析中に爆発してしまった。
日本の研究者は、何を無駄にしたのか?

予算がないからできないのではなく、予算があっても適切に使うことができていない。

デイブ・サンドベルと、彼の同僚の代案はレーダー高度計が取り付けられた衛星を使用する間接法であった。

これらの宇宙船は、上記の水面の形から、大洋底の形を推論することができる。

水が重力に続くので、それは高い海山の大部分の上の最高値へ引かれ、深い溝の上の低下へ落ちる。

海底の山脈の概略のほとんどの私たちの地図は、このアプローチに依存した。

重要な進歩は、80年代と90年代に米海軍(US Navy)とESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)の衛星を使用して見られた。

さて、デイブ・サンドベルと、彼の同僚のチームは、より最近の使用停止になった宇宙船ジェーソン1(Jason 1)と、地球の周囲を回り続けているCryoSatから新しく改善されたデータセットを集めた。

それらのより濃厚なカバレージとより良いレーダー技術は、海洋底について記述するために使用される引力モデルにおける二重改良をもたらした。

このより豊富なデータバンクはかろうじてまだ調査された。
しかし、既に新しい発見は外にジャンプしている。

これらは、約1億8000万年前にメキシコ湾(Gulf of Mexico)を開くのを支援するために、海底が別々に広がった、消滅した尾根を含んでいる。

また、南大西洋(South Atlantic)で、チームは、アフリカが南アメリカから離れて分れおよそ8500万年前に分離されるようになった異なるタイプの尾根の特徴とした二分割を見た。

著しいことは、多くのそのような構造が深部堆積物によってしばしばカバーされ、単に新しい重力データにおいて目に見えるようになるということであった。

主な破砕帯をすべてより非常に詳しく見ることは、必ず地球の変わる大陸の歴史を勉強する人々にとって恩恵である。

チームは、そのモデルのをさらに改善することを望んでいる。

Cryosatが今後数年に、より多くの測定をとり続けるとともに、これは来る。

ここの反語は、極氷フィールドの形および厚さのトレースに、欧州宇宙機関のミッションが実際に専心的なということで、海底の形ではない。

「CryoSatの軌道およびペイロードは、その主要な氷ミッション目標を達成するように設計されました。また、海洋までその報道を拡大することは、その上で、1つの「私たちが何を得るか確かめようとする」基礎です。」主任調査官ダンカン・ウィンガム(Duncan Wingham)は言った。

「それが生産したように、私たちは今、海洋底の不思議な新しい視界を持っています。」
特定のハイレゾリューションモードのCryoSatの氷の仕事については、任務時間が許可する場合、蓄積するべき海洋のより多くのエリアまでどれを拡大することができたかは海底データを改善した。

しかし、結局、研究者は、タスクに特に合わせられた専用地図を見たい。

木曜の科学紙Science上の共同執筆者ウォルター・スミス(Walter Smith)は、単なるABySSと呼ばれる2001年のそのようなミッションを提案した。

それはそのとき受理されなかった。
しかし、NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration/海洋大気局)の科学者は、その場合がまだ人を動かさずにはおかない1つであると信じている。

「コンピューター・チップの小型化、およびCPU処理速度および過去13年のデータ保存の増加は、レーダーを備えた驚くべきことをすることを簡単にし、安くしました。」
「私たちが専用ミッションで、できるたくさんのことがまだあります。1億ユーロ(£80m)のためにそれを行うことができるかもしれません。また、必要な技術革新はイングランド、フランス、そして他のところでレーダー・エンジニア有名です。それは単に予算を見つける政治的な意志の問題です。」と彼がBBCニュースに伝えた。

つまり、意味も分からない過去の科学者や権威者が予算を決定する時代は、改善が求められている。

しかし、マレーシア航空の行方不明は、リモートセンシングを専門にする人の心臓を剔った。

2014-09-26---Flight MH370の新しい検索画像は海底詳細を明らかにした。
2014-09-05---マレーシア航空フライトMH370の捜索は、新しい過程に入った。
2014-09-04---マレーシア航空は、「バケツ・リスト」クイズ・タイトルをスクラップにした。
2014-08-28---マレーシア航空会社の赤字は、倍増。
2014-08-20---マレーシア航空フライトMH17で、DNA一致ロボットは、600遺体を識別。
2014-08-02---ウクライナの危機。新たな戦いはMH17衝突調査を妨げる。
2014-07-29---今の民間機が飛ぶ航路は、本当に安全か?
2014-07-27---ワールドカップはロシアで保持されるべきでない!?
2014-07-25---プーチンの娘と彼女のボーイフレンドは、オランダの自宅から逃げた。
2014-07-22---MH17墜落事故は、ロシアのプーチンを破損するか?
2014-07-22---米国とヨーロッパの航空会社はイスラエル・フライトを保留。
2014-07-19---マレーシア機撃墜機に乗っていたエイズ会議出席者は「6人」
2014-07-18---ウクライナで墜落したマレーシアの航空機MH17で知っていること。
2014-07-17---国際エイズ会議の出席者100人を含む298人、全員死亡。
2014-06-20---オーストラリアは、マレーシアMH370ジェット捜索は南へ移動すると言った。
2014-06-16---マレーシアのMH370が消えて100日。
2014-06-08---MH370クラウドで資金集め、内部告発に謝礼。
2014-06-05---Inmarsatは、飛行機Wi-Fiのために、EU全体で、ハイブリッド・ネットワークを計画。
2014-05-29---行方不明のMH370捜査は、「ぴんエリア」が除外。
2014-05-27---MH370捜査で,海底データは、火星より250倍悪く、お粗末と判明!
2014-04-25---マレーシア飛行機探査で、水面下の捜査海域を拡大。
2014-04-22---マレーシアMH370の探索は、サイクロンによって妨げられた!
2014-04-19---マレーシアの運輸大臣代行は、行方不明の飛行機で次の2日に「重大な転機」と言った。
2014-04-17---マレーシア航空のジェット探しは、US$10億の4分に1掛かるかもしれない。
2014-04-08---行方不明のマレーシア航空会社370便捜索で、必要な金額。
2014-04-16---マレーシアの飛行機を探索するBluefin 21は、2回目を開始。
2014-04-11---トニー・アボットは、信号に関して「確信している。」
2014-04-08---MH370の探索が、水面下に移行した。
2014-04-07---オーストラリア船も、「ブラックボックス」からと一致する信号を検知。
2014-04-04---土曜日午前に、中国船が2回目のパルス信号を検知。
2014-03-30---マレーシアのフライトMH370の中国人家族は、怒りをぶちまける。
2014-03-30---Flight 370の捜査で明らかになった国際協力とその弱点。
2014-03-28---フライトMH370の探索は700マイル北へ変更。
2014-03-27---不明機捜索で、占い師に続き、「数学の魔術師」集団が名乗りを上げた。
2014-03-26---新しい衛星画像を公開。
2014-03-26---日本の衛星も漂流物を撮影。
2014-03-25---マレーシア航空のCEOは、一段落したら辞任する。
2014-03-25---マレーシアの不明機からのブラックボックス回収は、前途多難!
2014-03-25---MH370の捜索はまだ、不合理に困難。
2014-03-24---行方不明のマレーシア航空の残骸回収現場に船が着いた。
2014-03-24---タイのThaichote衛星、南インド洋で300の残骸部分を発見。
2014-03-23---マレーシアflight MH370の第3番目の新しい画像。
2014-03-21---中国の砕氷船「雪竜」が、MH370残骸探索に加わった。
2014-03-20---オーストラリア飛行機捜索者は残骸を調査している。
2014-03-20---失踪マレーシア航空機の推定物体発見!偵察機急発進!AMSA写真公開!
2014-03-20---スパイ衛星が明らかにしたマレーシア航空のMH370?
2014-03-19---タイ空軍レーダー、消えた飛行機を「所属不明機」として捕捉。
2014-03-19---マレーシア、FBIは、パイロットのシミュレータからのデータを調査中。
2014-03-18---不明機の衛星捜索サイトに300万人が集結。
2014-03-18---フライトMH370の捜索の目盛り。
2014-03-18---消えたマレーシア航空機の新しい「残骸」画像を中国がチェック。
2014-03-17---オーストラリアは、消えた飛行機の南の探索をリード。
2014-03-16---マレーシアは、消えた飛行機で、世界の国々へ支援を要請。
2014-03-15---BBCは「別の捜索区域」を案内した。
2014-03-14---行方の判らない飛行機を米国が、インド洋で探索。
2014-03-13---見つからない飛行機に、マレーシアはシャーマンを雇った!?
2014-03-13---中国衛星が南シナ海で浮遊物3点発見!?
2014-03-13---ミステリー、不明機、交信途絶後も4時間飛行?
2014-03-12---長い間消えていた5機の飛行機。
2014-03-11---盗んだパスポートは、テロに無関係!?
2014-03-11---航空機に搭載されたブラックボックス・データは、海洋底で30日継続。
2014-03-09---中国の沿岸警備隊船が、マレーシア航空機が消えた領域に到着。
2014-03-09---Freescaleのスタッフ20人が、行方不明のMH370に乗っていた。
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。
2014-03-08---大きな油膜を発見!搭乗中の2人が偽名を確認!マレーシアの飛行機は墜落したと推定。
2014-03-08---行方不明になったマレーシア航空の搭乗者リストをPDFで公開。
2012-07-06---エール・フランス墜落事故最終報告書。
2010-11-25---エア・フランスの大西洋墜落事故、フライトレコーダー検索を再開。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告