gaYa広告

2014年09月25日

中国で、「ドラえもん」の陰謀説浮上!

政治経済

日本経済新聞は2014年10月02日に、四川省成都の「成都日報(成都日报)」が2014年09月25日付で、中国でも人気のアニメキャラクター「ドラえもん(机器猫)」の背後には、友情や信頼という「価値観」を前面に打ち出し、歴史を直視しない日本の姿から中国人の目をそらさせようとする「政治的な意図」があると分析したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事を紹介した中国人も「ごめんなさい」と恥ずかしそうだったと伝えている。

実は、成都では3大新聞「成都商报」「成都晚报」「成都日报」がドラえもん包囲攻撃をしていると報告している

中国には星の数ほど新聞があり、一地方紙の論説が中国の考え方を代表するわけではないと言いながらも、なぜ、「ドラえもん」にこんな「政治的意図」をかぎ取るのか?

そこに、我が身の影を見ているからだろうと指摘している。

ただし、「成都日报」の記事は、どんどん拡大している。

柯玉乾:围剿“蓝胖子”是“酸葡萄”心理在作怪
发布时间: 2014-09-28 17:25:18 来源: 荆楚网 作者:柯玉乾 进入电子报
  近日,在成都举办的“哆啦A梦秘密博览会”遭到成都媒体的一致炮轰。《成都日报》发表文章称,“这个机器猫带着日本的怀柔政策在中国推广,背后必定隐含极强的政治意义”。(中国新闻网9月27日)
  外表憨厚可爱的动漫人物哆啦A梦,在突然之间就变成了带有政治宣传色彩的“小魔兽”,这样的论调着实让人感到新奇。在诧异之余,笔者细细分析其中的理由,发现有点让人啼笑皆非。
  首先,成都的媒体提醒广大人民群众,这个动漫人物触到了中国人的痛点。因为在成都举办的这场“哆啦A梦秘密道具博览”的开幕式前一天,正是8月15日。69年前的这天,正是日本宣布无条件投降的日子。一言以蔽之,不是哆啦A梦有多么罪恶,而是它选择开幕式的时间与中国人心目中的禁忌“犯了冲”。以这样的“罪名”来揣测一个动漫人物的展览,显然不能让人信服。
  其次,文章认为哆啦A梦带着日本政府怀柔性推广自己的使命。展现日本所谓的核心价值观:“尊重与友谊”。恕笔者愚钝,中国的孔老夫子在一千多年前就曾提出过“有朋自远方来,不亦乐乎”的名言。“尊重”和“友谊”这样的优秀品质本就全世界人民共同追求的。难道仅仅因为日本动漫也推崇,我们就要怀疑这种品质存在的合理性?
  毫无疑问,在历史的大是大非面前,我们必须抱定坚定的立场。我们可以谴责日本右翼分子的死不悔改,我们可以对其文化的糟粕面说不。但是,任何一个民族的文化都有其值得学习的一面,哆啦A梦只不过是其发达动漫产业的一个代表,在面对这样一个形象时,无须过度阐释呢。非理性的爱国主义,不利于中日关系的良性发展。
  不难看出,媒体此次“义愤填膺”的吐槽就是一种文化不自信的表现。纵观中国动漫业的发展历程,优秀作品廖廖无几。不久之前,迪斯尼翻拍《花木兰》取得的巨大成功更是给了中国动漫业“狠狠一巴掌”。和别人比起来,中国动漫无论是剧情,技术还是配乐都差了很大一截。此次“蓝胖子”展出遭遇吐槽恰恰是这种“酸葡萄”心理在作怪。
  三人行必有我师焉。既然我们在某些方面比不上别人,我们就更应该从各个国家的经典作品中汲取经验。闭门造车或者持抵制态度只会拉大这种差距,最终也会给整个行业致命的打击。
  作为在叮当猫陪伴下的一代,笔者相信,大多数人只是单纯地喜欢这个“蓝胖子”而已。文化本来就具有两面性,这种宣传手法着实是矫枉过正。谁能说看《喜羊羊与灰太狼》的人就比看《变形金刚》的高尚?
  稿源:荆楚网
  作者:柯玉乾

2013-02-18---ショック!「ドラえもん」が放送禁止!
2012-09-03---ドラえもん誕生「100年前」記念で、川崎市が特別住民票を交付。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。