gaYa広告

2014年09月25日

脳修復は「ウコンによって押し上げられるかもしれません。」

美容と医学の科学

BBC Newsは、雑誌幹細胞研究とセラピー(journal Stem Cell Research and Therapy)の報告によれば、カレーで一般に見つかる香辛料は、それ自体を脳の能力を治し、高めるかもしれないと言っていると報告した。

ドイツの研究は、ウコン(turmeric)で見つかった合成物が脳の修理用具の一部であると思われた神経細胞の成長を促進するかもしれないことを示唆した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

科学者は、ネズミで基づいたこの仕事が卒中とアルツハイマー病のための将来の薬への道を開くかもしれないと言った。

しかし、彼らは、これが人間に当てはまるかどうか確かめるためにより多くの試みが必要であると言った。

Aromatic-turmerone induces neural stem cell proliferation in vitro and in vivo
Joerg Hucklenbroich12,
Rebecca Klein23,
Bernd Neumaier3,
Rudolf Graf3,
Gereon Rudolf Fink12,
Michael Schroeter123 and
Maria Adele Rueger123*

* Corresponding author: Maria A Rueger adele.rueger@uk-koeln.de

Author Affiliations
1 Cognitive Neuroscience, Institute of Neuroscience and Medicine (INM-3), Research Centre Juelich, Leo-Brandt-Straße 52425, Jülich, Germany

2 Department of Neurology, University Hospital of Cologne, Cologne, Germany

3 Max Planck Institute for Neurological Research, Cologne, Germany

doi:10.1186/scrt500
Received: 27 May 2014
Revisions received: 12 August 2014
Accepted: 12 August 2014
Published: 26 September 2014

ドイツのユーリッヒ()の神経科学および医学の研究所の研究者(Researchers from the Institute of Neuroscience and Medicine in Julich, Germany)は、芳香性のturmeroneの影響を検討しました。
この合成物は、ウコンで当然見つけた。

ネズミは合成物を注入された。
また、それらの脳は次に走査された。

神経成長に関係すると知られていた脳の特定部分は芳香性のturmeroneの注入の後に、より活発に見られた。

科学者は、合成物が脳細胞の増殖を促進するかもしれないと言った。

試みの個別の部分で、研究者は芳香性のtumeroneの抜粋の異なる集中でげっ歯動物NSC(neural stem cells/神経幹細胞)を浸した。

NSCは、任意のタイプの脳細胞に転換する能力を持っている。
また、科学者は、彼らが損害または疾病の後に手入れのよい役割を持つことができたことを示唆した。

調査チームの一部だったマリア・アデル・ルーガー博士(Dr Maria Adele Rueger)は、
「人間とより下等の高度に発展した動物では、それらの能力は脳を修理するのに十分に見えません。しかし、魚とより小さな動物では、それらは、うまくいくように見えます。」と言った。
その研究は、より大きな、NSCの成長で、より高いものが芳香性のturmeroneの集中であると分かった。

また、ウコン合成物を浴びた細胞は、あるタイプの脳細胞へより急速にまた専攻するように見えた。

マリア・アデル・ルーガー博士は次、
「芳香性のturmeroneを備えた幹細胞の有効性を押し上げることが可能かもしれないことは面白い。」
「また、それは可能で、これは、次には脳の中の修理を押し上げるのを支援することができます。」と付け加えた。
彼女は、臨床試験が実現可能かもしれないかどうか今考えている。

チャリティーのアルツハイマー病リサーチ・イギリスのローラ・フィップス博士(Dr Laura Phipps at the charity, Alzheimer's Research UK)は、
「この研究の結果が人々に翻訳するか、このように新しい脳細胞を生成する能力が、アルツハイマー病の人々に役立つだろうかどうかは明らかではありません。」
「私たちは、完全にアルツハイマー病のようにこの合成物の複雑な疾病のコンテキスト中の結果を理解するために詳細検討を見る必要があるでしょう。また、それまで、人々は、これを香辛料ラック用にウコンの供給上で仕入れるサインと考えるべきではありません。」
芳香性のturmeroneは、人体に効果があってもよいウコン中の2つの主な合成物のより劣った研究されたものである。

従来の研究は、身体中の炎症を縮小することができ、癌治療利点がある別の合成物クルクミン(curcumin)を示唆した。

ただし、中国や日本では、ウコンを高く評価されているが、肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっている。
つまり、話題の割りには効果がないと言われている。

これまで、ウコンは、胃や肝機能で注目され、二日酔いなどで話題になった。
また、肝疾患患者の場合は、死亡者まで出ている。

さらに、発毛抑制作用や切り傷の外用薬、化粧用パウダー、さらに染料としても知られているが、あまり脳機能は指摘されてこながかった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。