gaYa広告

2014年09月25日

中国の宝鶏市は。大学に行くか、運転を学か、結婚するときに献血を要求。

美容と医学の科学

BBC Newsは、中国の宝鶏市(Baoji city in China)は献血活動を上昇させる目的で、大学に行くか、運転を学か、結婚するときに献血をすべきであると言うことで、ソーシャルメディアで物議をかもし出していると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

陝西省(Shaanxi Province)の市では、新しい規則として来週有効になる法律では、1年目の大学生と貢献する兵士を含め、少なくとも一年に一度血液を献血することが義務づけられている。

中国のテレビは、運転免許を申請したいか、学校卒業証書を受け取りたいか、最初の仕事を取り上げたいか、あるいは宝鶏市の登記所で結婚したい地元住民はすべて「社会に貢献として任意の血液を寄贈をするべきである」と報告している。

宝鶏市の公式Weiboソーシャルメディア説明上で公表された詳細は何千ものソーシャルメディア・ユーザーの間の憤慨を引き起こすのに十分であった。
彼らは応じるために駆動が市民を強い精神的圧力の下に置くだろうということに、ほとんど疑問を抱かなかった。

Qing Baoyi Jiulanは、「寄付金は任意であるべきであり、行動にそれを結び付けているべきであり、このモラルが不道徳である。」と苦情を言うことにおいて典型的であった。

u Mumuは、新しい規則を考え出すことよりも都市が「血液を献血することがどれくらい便利か、血液がどこで使用されるかに、より多くの考察を与えるべきである。」と言っている。

中国のメディアは、浙江省(Zheijang Province)の浦江県(Pujiang County )が異なり、誘因に基づいたアプローチをとったと言った。

それは、寛大な献血をする家族の子どものために高校入学試験でのボーナスポイントを提示している、と钱江晚报(Qianjiang Evening News)が報告している。

中国人は、一方的に言い出すようである。
それで大きな問題になると修正する?

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。