2014年09月25日

中国の宝鶏市は。大学に行くか、運転を学か、結婚するときに献血を要求。

美容と医学の科学

BBC Newsは、中国の宝鶏市(Baoji city in China)は献血活動を上昇させる目的で、大学に行くか、運転を学か、結婚するときに献血をすべきであると言うことで、ソーシャルメディアで物議をかもし出していると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

陝西省(Shaanxi Province)の市では、新しい規則として来週有効になる法律では、1年目の大学生と貢献する兵士を含め、少なくとも一年に一度血液を献血することが義務づけられている。

中国のテレビは、運転免許を申請したいか、学校卒業証書を受け取りたいか、最初の仕事を取り上げたいか、あるいは宝鶏市の登記所で結婚したい地元住民はすべて「社会に貢献として任意の血液を寄贈をするべきである」と報告している。

宝鶏市の公式Weiboソーシャルメディア説明上で公表された詳細は何千ものソーシャルメディア・ユーザーの間の憤慨を引き起こすのに十分であった。
彼らは応じるために駆動が市民を強い精神的圧力の下に置くだろうということに、ほとんど疑問を抱かなかった。

Qing Baoyi Jiulanは、「寄付金は任意であるべきであり、行動にそれを結び付けているべきであり、このモラルが不道徳である。」と苦情を言うことにおいて典型的であった。

u Mumuは、新しい規則を考え出すことよりも都市が「血液を献血することがどれくらい便利か、血液がどこで使用されるかに、より多くの考察を与えるべきである。」と言っている。

中国のメディアは、浙江省(Zheijang Province)の浦江県(Pujiang County )が異なり、誘因に基づいたアプローチをとったと言った。

それは、寛大な献血をする家族の子どものために高校入学試験でのボーナスポイントを提示している、と钱江晚报(Qianjiang Evening News)が報告している。

中国人は、一方的に言い出すようである。
それで大きな問題になると修正する?

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。