2014-09-17

米国とカナダの戦闘機は、ロシアの航空機を遮った。

観光戦争と平和政治経済犯罪と裁判

BBC Newsは2014年09月19日に、米国とカナダの戦闘機は、今週、米国とカナダの領空の近くで飛んでいたロシアの航空機を遮った、と軍のスポークスマンが金曜日に言ったと報告した。

1980年代なら、大韓航空機KAL007便のように撃墜されただろう。

アメリカとロシアは、ウクライナに関してますます対立している。
ここでロシア支持の分離主義者は、前のソ連州の部分でコントロールを取るために戦っている。

NORADからのステートメントによれば、2014年09月17日水曜日に、6機のロシアの航空機が、NORTHCOM(U.S. and Canadian aerospace command, and U.S. Northern Command/米国とカナダの航空宇宙コマンドおよび米国の北コマンド)に従って、最高の米国領空エリアのADIZ(United States' air defense identification zone/アメリカの防空識別圏)に入った。

レスポンスで、「識別されたNORADの権力下に作用する、2機のアラスカ州の基づいたF-22戦闘機は、アラスカの西でADIZの中の2隻のロシアのIL-78燃料を補給するタンカー、2機のロシアのミグ-31戦闘機(Mig-31 fighter)と、2機のラッシャンベアー長距離爆撃機(Russian Bear long-range bombers)を遮った。」と、そのステートメントは言った。

木曜日に、カナダの戦闘機は、カナダのADIZの中の2機のラッシャンベアー長距離爆撃機を遮った。

ロシアの爆撃機は、アメリカあるいはカナダのアメリカの最高の領空に入らなかった。

NORADとNORTHCOMのスポークスマンであるジョン・コルネリオ(John Cornelio, a spokesman for NORAD and NORTHCOM)は、ロシアの航空機が練習を行なったとともに、そのような遮断が過去5年に50回以上に起こったと言った。

「私たちはこれらのフライトを脅威と見なしません。」と彼が言った。

ウクライナのペトロ・プロシェンコ大統領(Ukrainian President Petro Poroshenko)は今週、ワシントンに訪問中に米国の援助でUS$5000万以上を安全にしたが、分離主義者と戦うために彼の兵士が使用する米国の武器を確定しなかった。

ペトロ・プロシェンコ大統領はさらに、今週カナダを訪れて、C$2億(US#1億8200万)の5年のローンの形de援助を受けた。

1983-09-01---大韓航空機KAL007便が撃墜された。

Related Dates