2014-09-16

Apple PayのためのiPhone 6 NFC。

モバイル・マネー

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、iPhone 6とiPhone 6 Plusに搭載されたNFCのチップは、第三者開発者のためにそれをハンドオフにして、Apple Payのみ使用されると予測される。

他のものが使用するその手段は、接近に基づいたデバイス組み合わせように、今のところテーブルからある。

Apple Payの特徴で、アップルはマスコミ仕立てのイベントで先週iPhone 6とiPhone 6 Plusに導入し、引き立てられた。

Apple Pay、買物客に今一般に使用されるよく知られているプラスチックカードに依存する代わりにクレジットカード取引を扱うためにそれらのiPhoneを使用させるモバイル・ペイメント・システムである。

支援されたクレジットカードをiPhoneにリンクすることにより、Apple Payは働く。

NFC対応のクレジットカード・リーダに近いiPhoneを保持する場合、あたかもちょうど実際のクレジットカードを読取り機に通すかのように、処理は完成される。

万一iPhoneが失われるか、盗まれれば、それを誰か他の人に使用するのを慎ませるために、Apple PayはタッチIDに依存している。

NFCチップへのアクセス限定は。失望させることかもしれない。
しかし、それは驚くべきではない。

アップルがiPhone 5sを備えたタッチIDセンサーを導入した時、それは、アップル自身のデバイスを開けるか、iTunes Store購入を認可するようなサービスにのみ利用可能であった。

iOS 8の未決のリリースで、しかし、タッチIDは第三者開発者に開放されていると予測している。

アップルは、同様の計画をiPhone 6のNFCのチップで待ち受けているかもしれない。