2014-09-17

自動車でロンドンからヒマラヤ山脈へ行く、最も安全な方法。

観光

Quora Digestは、カメラマンのトッド・がーディナー(Todd Gardiner)ga537回目の投稿として、自動車でロンドンからヒマラヤ山脈へ行く、最も安全な方法を紹介した。

「安全な」とは何か?

政情不安定、戦争、ローカルの暴動、および地方公務員による予期しないハラスメントか、監禁などを仮定した。
もし、パキスタンとイランへのの観光ビザを整えることができるとすると、このルートは、試みる他のどんなルートにも劣らずよいに違いない。

昔は、ほとんど同じ道を不定期にバスが走っていた。
そのバスは、ヒッピー・バスと言い、大きな違いはイランから南下して、パキスタンに入るのではなく、現在は戦争で不可能になったアフガニスタン山岳道路か南部の砂漠道路デラホーレに抜けていた。

昔は、ほとんど同じ道を不定期にバスが走っていた。
そのバスは、ヒッピー・バスと言い、大きな違いはイランから南下して、パキスタンに入るのではなく、現在は戦争で不可能になったアフガニスタン山岳道路か南部の砂漠道路デラホーレに抜けていた。

今も、今回紹介されたコースをヒッピー・バスが走っているかもしれない。

おまえも、このルートかと言われたら、残念ながら、これでは本と文字と印刷のフィールドワークにならないので、さらに複雑であった。

しかし、任意の外国で運転することにはそれ自身ですでに、多くの危険が常にある。
中には、西部劇ではないかと思うような山賊にであることだって珍しくない。

ロンドンからスタートして、最初のルートは完全であるかもしれない。

英仏海峡トンネルの海底トンネル(Channel Tunnel)の方へM20を運転し、列車によってフランスへあなた自身と自動車を輸送する。

昔はドーバーのフェリーであった。

カレー(Calais)で一度、ベルギーの方へ、東へ率いられる。

それがこのルートからの小さな迂回であるので、途中でブリュージュ(Bruges)を訪れる。

ブリュージュから、ベルギーの全体を通り抜けて、ドイツに入る。

ケルン(Cologne)で一度、南へフランクフルト(Frankfurt)そして、オーストリアのリンツ(Linz, Austria)の方へ向かう。

その後、ウィーン(Vienna)からハンガリーのブダペスト(Budapest, Hungary)の方へと東へ率いられる。

このポイントでは、私たちはドナウ川(Danube river)に沿って、あるいはその川の近くに走る。

セルビアのベオグラード(Belgrade, Serbia)またブルガリアのソフィア(Sofia, Bulgaria.)を通り抜ける。

結局、トルコへ横断し、イスタンブール(Istanbul)に到着する。

トルコの全長を横断して、結局、ノアの方舟で有名なアララット山(Mt. Ararat)に到着し、イランの国境に到着する

推測上国境では、あなたの国籍と宗教はイランの中へあなたの交差へ障壁にならない。

しかし、まだ、あなたはハイウェーのどんな伸張にも面さないだろうという危険なしで、まだハイウェー上の非常に安全な領域にいる。

イランでは、長期間のために運転する。

イランは大きな国で、ヘランはイランの旅行を通じてそのの約1/3である。

パーレビ国王がイランにいたころは、イランは石油成金でドイツの新車をテヘランまで陸送する仕事があり、多くの若いドイツ人が、お金を貰ってここまで新車を運転してきた。
その受け取るお金で、ネパールまでバスで行き、ネパールで3カ月過ごし、ドイツに帰国する旅費にして、無銭旅行をしていた。
運のいい人は、ネパールのカトマンズまで陸送したと言っていた人もいた。

しかし、現在はそれも不可能で、結局、パキスタンのクウ-イ-タフテン(Kuh-i-Taftan)の交差する国境までたどりつく。

ここまでで、少なくとも3日を必要とする。

パキスタン西部で横断するべき砂漠がたくさんある。
しかし、この地域には予期しない交戦状態はほとんどない。

結局、パキスタンの中で第2の人口密度の高い都市およびパンジャブ州の首都ラホール(Lahore)に到着する。

仮説的に、自爆テロ犯からの危険がある。
しかし、それらは地元住民を攻撃する。

ただし、選挙があるときは警戒が必要である。

推測上、公共交通機関ではなく自分の自動車を運転しているので、それでも、その攻撃はまれである。

パキスタンは、3日の別のセットあるいは長期間を運転する非常に長い2日になる。

どんな場所でも、この最後のセグメントにおいては、正当な北および駆動でヒマラヤ山脈に変えることができる。

その範囲は東パキスタンへ伸びている。

最終行程については、インドのチャンディガル(Chandigarh, India)、そして次に大きなヒマラヤ山脈の国定公園を北へ運転することを示唆する。

恐らく、これは2日間の旅行になる。

これは5,715マイル(9174km)で、運転の99時間を必要とし、恐らく、任意の多日を加えて運転することがあなたを止めるほとんど3週が途中で完了することになる。

しかし、もののある種類のレース種類を試みており、14日でこれを恐らくすれば、それを押すかもしれない。

こんかいは、イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、セルビア、ブルガリア、トルコ、イラン、パキスタン、インドの国々を訪れた。

この後、日本に帰るには、昔は飛行機を頼ることになったが、今はチベットにラサ経由で、鉄道により北京まで来て、フェリーで韓国に渡りソウル、釜山経由で北九州に着くことも可能になった。