2014-09-17

人工甘味料は、血糖値のスパイクを引き起こすかもしれない。

美容と医学の科学

ワシントンポスト(Washington Post)は、人工甘味料は、水曜日にイギリスの科学雑誌ネイチャー誌(journal Nature)の中で公表された新しい調査結果によれば、何人かの人々の中のより高い血糖量レベルを引き起こしているかもしれないし、糖尿病と肥満のように、格闘するためにそれらが設計された問題に寄与しているかもしれないと報告した。

NATURE | ARTICLE
Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota

Jotham Suez,
Tal Korem,
David Zeevi,
Gili Zilberman-Schapira,
Christoph A. Thaiss,
Ori Maza,
David Israeli, Niv Zmora,
Shlomit Gilad,
Adina Weinberger,
Yael Kuperman,
Alon Harmelin,
Ilana Kolodkin-Gal,
Hagit Shapiro,
Zamir Halpern,
Eran Segal
Eran Elinav
AffiliationsContributionsCorresponding authors
Nature (2014)
doi:10.1038/nature13793
Received 27 March 2014
Accepted 28 August 2014
Published online 17 September 2014

血糖量変更の背後にある正確な理由は不確かなままであるが、研究者は人工甘味料が我々の腸の中のバクテリアの広大で不可解な生態系microbiomeを分裂させているかもしれないのではないかと考える。

一連の実験で、研究者は、ハツカネズミに食物および飲料の中で最も広く用いられているサッカリン(saccharin)、サクタローセ(sucra­lose)およびアスパルテーム(aspartame)タイプの非カロリー甘味料のいくつかのものが、糖尿病に結びつくことができる条件であるブドウ糖狭量(glucose intolerance)の増加した危険を経験させることを知った。

「我々は非常に劇的な増加について話している」と研究の共同執筆者で、イスラエルのワイツマン科学研究所の計算上の生物学者のうちの一人エラン・シーガル(Eran Segal, a computational biologist at the Weizmann Institute of Science in Israel)が言った。

同じ科学者は、さらに典型的には人工甘味料を使用しなかったが、一週間の間にサッカリンの規則的な服用量を与えられた7人の人間ボランティアの身にふりかかったことをモニターした。

4は重要なブドウ糖狭量を開発した。

別々に、研究者はほぼ400人を分析し、人工甘味料を使用した人々の腸バクテリアがしなかった人々とは顕著に異なっていることを知った。

水曜の発見物は、興味をそそる新しい次元を人工甘味料の潜在的な健康上の利益および危険についての長期間にわたり論争の討論に加える。
それは最も一般的な食品添加物の一つで、地球中の何億もの人々によって消費される。

ただし、米国人の事例は、あまり参考にはならない。
以前、知人の米国人が、醤油は身体に良いと言って、1升ビンの購入したので、それを一気に飲むと死ぬよ!と言うと、なぜだというので、説得するのに苦労した。
別の知人は、マグロのとろが旨い方と言って、厚めのサーロインステーキの大きさのマグロのとろにかぶりついた。
私は、あきれて、もう何も言わなくなった。

2013-06-04---日本で当たり前のサッカリンが、ステビアとして、もの凄い注目!

Related Dates