2014-09-17

ソニーは、スマートフォン事業失敗で、 US$21億の損害。

経済

新華社は、日本の家電の巨人ソニーは、水曜日に、はるかに狭い500億円の損失用の当初予想していたが、比較して、次の3月を通じて当事業年度間に2300億円(US$21億)の連結純損失を記録すると予期すると発表した。

苦闘している電子工業大手は、7月に最初に予測した1400億円の利益の代わりに今、それがさらに400億円の営業損失が、その苦闘しているスマートフォン部門の重い1800億円(約US$17億)の損傷代金によって下へ量られて、予測すると言った。

前年1284億円の連結純損失を記録したソニーのために、CEO( Chief Executive Operator/最高責任者)平井一夫(Kazuo Hirai)が会社の病気をスマートフォン・ビジネス上で流れを変えるために取り組んだので、最新の連結純損失は過去7年に赤インクの6番目の事業年度なった。

7月のソニーは、0までそのスマートフォン・ビジネス用のその利益見通しをなで切りにしたが、その通期業績見通しを維持した。

同じ月ソニーはさらに、その通期の売上高をカットするため、5000万から4300万までそのスマートフォンを予測した。

最新のロスは、中央のアナリストの期待よりはるかに高く、アップルとサムソンのようなグローバルなヘビーウエイトと付き合い続けていないエレクトロニクス会社の苦闘しているスマートフォン・ビジネスに借りがある。

ソニーは、水曜日に、それらが今会計年度配当を払わないだろうと発表した。

ソニーは1958年に、最初にリストされる会社から配当を支払わなかった。
そして、平井は、会社の損失を携帯電話、イメージングとゲームでお金を生む新しい方法に集中することによって会社を好転させる野心的な計画で2012年に舵を握った。彼が重責を感じたと最初にリストされた会社が言って以来、ソニーが配当を払わない初めてのことになった。

「私たちが配当を払わなかったのはこれが初めてです。また、私たちは、管理としてのその責任を非常に極度に感じます。」
平井は、「私たちは再びできるだけ早く配当を払い始めるつもりです。」と水曜日の午前記者会見で伝えた。

借金しないようにする努力で、ソニーはその失敗するPCビジネス、売られた事務所スペース、および米国と日本の両方の土地を既に捨てて、約5,000の仕事を減らした。

しかし、中国と米国のような重要な市場の分配問題と常に増加する競争は、そのライバルを行ない東京に基づいたことを極度に堅固に圧迫することの下で、その高額のXperiaスマートフォンを見た。

その分野での先導革新者として以前名高いソニーは、多くの新しいイニシアチブを、収入を車で通り抜けることを今計画していると、その会社は声明で言った。スマートウォッチと新しいスマートフォンによって含んでいることで、それは、また他のゲーマーとのそれらのPS4コンソールによって、ユーザーが対話することを可能にするだろうと言ったいる。

以前から、指摘しているが、アップルのティム・クックも発想が時代に付いていけなくなり、何とか修正しているが、危なっかしいと思っているにもかかわらず、ソニーの発想は、さらに古く、爺の戯言になっている。

昨年言ったことを、今年も言わなければならないほど、馬鹿げたことはない。

この業界は1年間も待ってくれない。

その間に中国の送受話器メーカーXiaomiと、インドのMicromaxがそれらの国内市場で各々のトップ・スポットから、サムソンを倒した。

倒せないのではない。
ソニーのトップは、戦う気力がないのである。

2014-08-13---フィッチは、サムソンとアップルのスマートフォン市場占有率を下げた。
2014-08-10---サムソンは、中国とインドでモバイル挑戦者に、叩きのめされた理由。
2014-08-05---Xiaomiは中国のトップ・スマートフォン・ベンダー。
2014-07-31---ソニーはモバイル・デバイスの出荷が落ち、赤字を報告。
2014-07-29---中国のスマートフォン販売で、Xiaomiはアップルを抜いた。
2014-02-10---中国のXiaomiはモバイル・ペイメント子会社をセット・アップ。
2013-10-30---ソニーは、赤字を防ぐためのスマートフォン販売で失敗!
2013-10-31---ソニーが売れない!通年利益予測を40%下方修正
2013-10-09---パナソニックは、赤字削減でプラズマ・テレビの生産を止める。
2013-06-25---ソニー・モバイルは視野拡大で、phabletとスマート時計!
2013-06-14---ソニーは,日本のスマートフォン市場で支持された。
2013-06-13---ESPNは、3-Dテレビ放送をシャット・ダウン。
2013-05-22---ソニーがサムスンに追い越された!
2013-05-09---ソニーは、スマートフォン販売で収入を押し上げた。
2013-05-07---ソニーはプレイステーション・モバイルの出版者料金を放棄。
2013-04-02---何が日本の電子巨人の身にふりかかっているのか?
2013-03-05---ソニーは、スマートフォンNo.3に目標をセット!
2013-02-25---ソニーは、モバイル・ビジネスを「突破口とする」と約束。
2013-02-08---ソニーの株価は、損失を報告した後に10%の大幅下落。
2013-02-01---シャープ、営業黒字に復帰!
2013-01-18---アップルは、需要薄のiPadをミニに変える。
2013-01-09---アップルはそれほど高価でないiPhoneを作ろうとしている。
2013-01-08---日系ライバルを引き離したサムスンの成功。
2013-01-02---未来の技術!もうすぐ登場するニュー・テク新生活。
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-12-06---韓国小売大手、続々と中国事業縮小して、逃げ出した。
2012-12-04---日系企業の「チャイナ・プラスワン」戦略?
2012-12-04---クアルコム、シャープとのディスプレイ合弁事業にUS$1億2000万!
2012-11-21---中国企業の攻勢で、日本の大手家電メーカーは、リストラの波。
2012-11-09---ソニーはスマートフォン市場で、RIM、ノキア、HTCをごぼう抜き!
2012-11-08---テレビ産業 中国、韓国メーカー対決の時代へ 日系がシェア落とす!
2012-11-07---米国、中国製太陽電池への関税適用を最終決定。
2012-10-30---EUの中国製太陽パネルのダンピング調査結果提出。
2012-10-25---シャープの株価は、大きな純損失の報告で6%以上落ちた。
2012-05-11---ソニーの株価、31年前まで急落!
2012-04-13---2014年に、スマートフォンの年間販売が10億ユニット!?
2012-04-10---ソニーは、年間赤字で新記録を予測!
2012-02-02---ソニー赤字拡大を報告!
2012-02-01---平井一夫が、ソニーのCEO兼社長?