gaYa広告

2014年10月11日

広島の原爆生存者のアート作品がはじめて、海外に行く!

アート戦争と平和

BBC Newsは2014年09月18日に、1945年の広島に落とされた原子爆弾生存者が描いたアート作品が、初めて日本以外で公開されると報告した。

あまりにも衝撃的で、しばしば妨害に遭ったアート作品は2014年10月にマンチェスター画廊(Manchester Art Gallery)で展示され、重要な役割を演じるだろう言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1970年代から、その後日本の公共放送局NHKによるリクエストが、全国を旅行した後、絵、いわゆる「被爆者」による、12枚の絵画および図面が作成された。

それらは爆弾を経験した人々として翻訳するが、マンチェスターの知覚の戦争1914-2014展示に含まれる。

それらは、NHKへ送られた2,000以上から選ばれた。
1974年に広島平和記念資料館(Hiroshima Peace Memorial Museum)で、続いて日本全国で展示された。

爆弾が1945年に落とされた時、60,000〜80,000人が即死した。

さらに多くが放射線病の長期的な影響で死んだ。
また、最終死亡者数は135,000と計算された。

知覚の戦争展示(The Sensory War exhibition explores)は、1つ、ギャラリーによって、世界大戦以来「芸術家は、どのように身体、心、環境および人間感覚上で戦争のインパクトを伝えたか」を調査する。

その展示は2014年10月11日から2015年02月22日まで開催される。

このような経験者の子孫が、先日のような赤土の斜面に、無責任な土地造成を許可したことが信じられない。

マンチェスター画廊(Manchester Art Gallery)のGoogle Earthポインター情報
53°28'43.8"N 2°14'30.6"W
または、
53.478819, -2.241822

Artzu Gallery - Art Gallery Manchester
21 Quay St, Manchester M3 3JD イギリス ‎
+44 161 827 1717 ‎
53°28'43.9"N 2°15'07.6"W
または、
53.478872, -2.252100

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。