2014-09-17

テレフォニカに支持されたベンチャーのYaapマネー、アプリをリリース。

モバイル・マネー未来政治経済

Mobile World Liveは、テレフォニカ(Telefónica)に支持されたベンチャーのYaapマネー(Yaap money)は、携帯電話利用者が互いの銀行口座詳細を知る必要なしに、携帯電話番号、フェースブックあるいはツイッター・ユーザーー名だけで、お金を送り、受け取ることを可能にするアプリをリリースしたと報告した。

新しい振替サービスは「Yaap」と呼ばれる合弁事業によって提示される。
それはテレフォニカおよび2つのスペインの銀行CaixiaBankとバンコ・サウタンデル(Banco Santander)によって所有される。

アプリはアンドロイドおよびiOS装置の両方に利用可能である。

一旦、ユーザーがアプリをインストールすれば、それらはトランスファーを行うためにそれをクレジットカードにリンクさせる。

テレフォニカは、サービスが銀行または携帯電話会社にかかわらず任意のユーザーに開放されていると言った。

「Yaap」はMobile World Liveに、それが実践するマネー・サービスは、スペインにおいて最初に利用可能です。と伝えた。
その一方で、そのための日付がまだ明らかではないが、目的は他の市場にまで拡大することである。

Yaap CEOカルロス・ベルダライン(Yaap CEO Carlos Beldarrain)は、「Yaap金は振替の雑談です。即時で安全です。」と言うことにより、振替サービスの単純性を宣伝した。

2014-04-10---テレフォニカ支持のモバイル・マネーJVは、Yaapブランド着手計画を発表。

Related Dates