2014-10-18

イージー・ライダーのチョッパーが売り出される。

アート

BBC Newsは2014年09月17日に、来月、1969年の映画「イージー・ライダー(Easy Rider)」のピーター・フォンダ(Peter Fonda)のためにカスタマイズされたチョッパーが、オークションに登場する予定で、US$100万(£613,000)以上になると予測されていると報告した。

オートバイは、ピーター・フォンダと共演者デニス・ホッパー(Dennis Hopper)と共同経営していたテーマ・レストランのオーナーで、カリフォルニア・ビジネスマンであるマイケル・アイゼンベルク(Michael Eisenberg)よって売られている。

俳優は今、1960年代リリースでバイクで反逆者を演じたカウンターカルチャーの古典を考慮した。

カリフォルニア競売会社歴史のプロフィール(Profiles in History)は、2014年10月18日の販売を実行すると言われている。

金属メッキされた困難な後部構造を備えたpanheadチョッパーの「アメリカキャプテン(Captain America)」のハーレー・ダビッドソン(Harley-Davidson)には、確実性の3個の文字が伴う。

「Panhead」は、「hard-tail(ラバ)」がリアサスペンションのその不足を言及する間に、バイクの特殊なエンジンに与えられた名前である。

アメリカの国旗で飾られて、バイクは前方の角のある正面の車輪およびハンドル、魚尾状の排気管および涙形のガスタンクを特色とする。

4台のオートバイが映画のために作成された。
しかし、(映画のクライマックスの墜落現場の中で使用された1台だけが残存したと知られており、その後、ピーター・フォンダによって修理された。

バイクが、その前のアイオワからAnamosaの国立オートバイ博物館で12年間ディスプレイされ、昨年、アイゼンベルクに売られた。

アイゼンベルクはいくらで買ったのか?
たった1年で、どれだけ稼ぐ気なのだろう。

どうも、アメリカン詐欺師のようである。
どうも、アメリカのオークションは好きになれない。

映画「イージー・ライダー」のオリジナル版では、山のようなLSDも登場したが、その後カットされた。