2014-09-17

スウェーデンの王様カールXVIグスターフが交通事故!

人物

BBC Newsは、スウェーデンの王様カールXVIグスターフ(Swedish King Carl XVI Gustaf)は自動車事故に遭遇したが怪我はしなかった、と王宮が発表したと報告した。

王は衝突が起こった水曜の朝にストックホルムの空港に向かってていた、と宮殿スポークスウーマンのアニカ・ゾンナーベルグ( Annika Sonnerberg)が言った。

自動車はひどく破損したが、王が無傷で、別の自動車中で彼の旅行を継続した、と地元マスコミが言った。

他の傷の報告書はない。

スウェーデンの王の役割は純粋に儀式だけである。

王宮の広報担当者マーガレッタ・トrグレン(Margaretha Thorgren)は、王がこのような状況の元で「うまくやっていた」と地元マスコミに伝えた。

地元マスコミの中で公表された写真は、自動車紺色メルセデスの正面への損害で1つのエアバッグを展開したことを示した。

王は今、計画された訪問上にいるスウェーデン北部への彼の旅行を継続した、と宮殿役人が言った。

68歳の王様は1973年に王位を就いた。

彼は、毎年のノーベル賞を示すために外国で最もよく知られている。

1974年の憲法改正は、王から議会を開き、外交のレベルにスウェーデンを表わすようなほとんど儀式の義務を奪った。

スウェーデンの貨幣単位をクローネ(王冠)と言うので、王制とは知っていたが、初めて見た。