2014-09-17

ジャマイカの「rudeboy」ファッション。

ファッション

ワシントンポスト(Washington Post)は、ロンドン流行ウィーク(London Fashion Week)が終了し、既にトム・フォード(Tom Ford)の撤回をしていてから、一日が単にたった。

私たちはそれらをまた持っている。
また、私たちはそれらをカバーさせた。

今年の過去の夏、製作中の展示でほぼ60年は、「Return of the Rudeboy」と呼ばれているサマセット・ハウス(Somerset House)の展示の『Rudeboys』正面とセンターとして知られているジャマイカのサブカルチャーのファッショナブルな紳士を置いた。

1960年代ジャマイカで「rudeboys」は、ジャマイカの欠乏、貧弱な住宅、食物の不足、貧民街の失業および公民権剥奪事件に腹を立てた反抗的な若さを表わした。

彼らは、ポークパイ帽子(pork pie hats)、モヘア織りスーツ(mohair suits)、新鮮に磨き上げた短靴(freshly polished brogues)、法の執行を備えた言葉を刻むことで知られていた、スカ音楽業界(ska music scene)の子どもと暴力によって分裂させることを急激に着た人であった。

ジャマイカのサブかうチャーは、1970年代と1980年代にイングランドでホームを見つけた。そして、数十年間の早送りで、その涼しい、現在のイングランドで浸透した。

rudeboys、またrudegalsの写真家ディーン・チャルキーDean Chalkey)の「Return of the Rudeboy」スタイリストとクリエイティブディレクター、反抗的なハリス・エリオット(creative director Harris Eliott-reflect)による現代のrudeboyの影響は、分裂させることに関して、さらに音楽、流行、芸術、技術およびビジネスに影響を及ぼすことに関してより少ない。

用語rudeboyは、1つの分派以外には排他的な俗語であることから男性と女性の両方に、より包括的なライフスタイルを包含することまで成長した。

スタイルと姿勢によっていくつかのもの特性を計画することは基本である。

現在の感覚Rudeboysは、涼しさのそれらの前任者からスタイルの手掛かりを得て、主要な創造者で起業家になったと報告している。

そして、サマセットハクスによるディーン・チャルキーの写真を紹介した。

1970年代のジャマイカといえば、ボブ・マーレイ(Bob Marley/1945 - 1981)の音楽が聞こえてくる。
そして、巨大なマリファナが驚かせた。

1970年代のニューヨークは、どこでも生で、彼らに出会った。
地下鉄は、ポップ・アートであった。

2014-06-09---ジャマイカは、カリブ海のコロラドと考えているが,まだ合法では無い。
2014-03-01---オリジナルのX世代。
2013-11-27---エリトリアの「ボブ・マーレイ」の瞬間?
2013-11-23---ジャマイカ・アンチ・ドーピング委員会委員は薬物検査危機で辞職。
2013-10-16---ジャマイカのギャング団は、警察に追い詰められ、女装した。
2012-08-06---ジャマイカ、イギリスからの独立50周年のジレンマ。
2012-07-25---ジャマイカの海に沈んだ、カリビアン海賊都市ポート・ロイヤル。
2011-12-25---ジャマイカの方言クレオール語の聖書。
2011-11-07---もっともっともっとと歌い続けた歌手アンドレア・トルーが死去した!
2011-10-03---ジャマイカ首相の辞任は、麻薬の中心人物の米国引き渡しが原因。
2011-05-15---ボブ・マーレイの未公開写真。
2011-05-11---ボブ・マーレイの伝説は生き続ける!
2010-10-25---レゲエのスター歌手グレゴリー・アイザックスが死去した。
2010-09-14---ボブ・マーレイの遺族は著作権の戦いで負けた。
2010-05-23---ジャマイカの麻薬王、米国へ強制送還で抗議市民運動が勃発!
2010-05-23---ジャマイカで、警察が非常事態宣言をした。
2006-07-07---「ゲイ」とジャマイカの「レゲエ」の戦争。
1987-09-11---レゲエ・ミュージシャンのペーター・トッシュが殺された。
1962-08-16---ジャマイカがイギリスから独立した。
1944-10-09---レゲエ・ミュージシャンのペーター・トッシュが生まれた。