2014-09-16

新しいIS叩き潰し計画の最初の米国空爆が始まった。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、米国は新しい戦略の下、IS(Islamic State/イスラム国家)の闘士を叩き潰すための最初の空爆を行ったと報告した。

米国の当局は、オバマ大統領が彼の新しい反IS戦略を概説した5日後、空爆がバグダッドの近くの位置で戦うISを破壊したと言った。

ISは、シリアとイラクの大きなエリアをとらえており、「caliphate( خلافة‎ /カリフの地位)」を宣言した。

その間に、イラクの新しい首相は、議会によって拒絶された防御と内務大臣に対する彼の2つの指名をした。

2つの要職の拒絶はハイダー・アル-アバディ首相(Prime Minister Haider al-Abadi)にとって後退である。

米国は、さらにジハード戦士グループと戦うために広い連合を構築している。
それもIsilまたはIsisとしても知られている。

米国中央司令部は、月曜のストライキが「我々自身の人々および人道主義の使命の保護を越えて我々の拡張した努力の一部として得られた最初である。」と言った。

それは正確な位置を指定しなかった。
しかし、イラクのセキュリティ・スポークスマン情報将軍カセム・アタ(Lt Gen Qassem Atta)は、それが首都から25km(15マイル)サディール・アル-ユスフィヤ (Sadr al-Yusufiya)の中の「重要な空爆」であるとAFP通信社に伝えた。

イラク北部では、米国監視ジェットおよび無人攻撃機に支持されたクルド人の「peshmerga」軍隊は、IS位置に攻め寄せている。と、BBCのジム・ミュアー(Jim Muir)が報告した。

都市モスル(Mosu)の東ISに保持された平原の中への攻撃は、夜明けに始まった。
その一方でモスルの反対側に、クルド人は、さらに私たちの対応する発言権の町ズマー(Zumar)の方へ押している。

既にほとんどの彼のキャビネットを承認したイラクの首相ハイダー・アル-アバディ(Iraq's Prime Minister Haider al-Abadi)は、火曜日に議会に防御と内務大臣の満たされない役割に対する彼の指名候補者を提示しました。

彼は、内務大臣としてシーア派政治家リヤド・ガーリブ(the Shia politician Riyad Gharib as interior minister)および防御大臣としてスンニ派の全国軍隊連合からのジャビル・アル-ジャブリ(Jabir al-Jabri from the Sunni National Forces Alliance for the defence minister)を指名した。

しかし、両方の指名候補者は、議会での承認のために投票を十分に確保できなかった。
それはポストを再考するために木曜日に再び再召集する。

米国は、さらに6台のIS乗り物を破壊して、北西部町Sinjarの近くのIS位置が日曜日にターゲットとされたと言った。

その空爆は米国用戦術の変化であった。」
以前は、イラクの難民および安全なインフラストラクチャーを助けた。

合計では、米国戦闘機は8月以来ずっとイラク中で160回を超える空襲を行なっている。

つまり、これまでは難民救出と安全なインフラストラクチャー確保であったが、今回はISを叩き潰すことである。

2014-09-15---IS危機で、世界のリーダーはイラクの支援を要請。
2014-09-14---IS(Islamic State/イスラム国家)の軍資金は、日ごとに拡大。
2014-09-13---米国国務長官ジョン・ケリー、エジプトがISとの戦いで重要と説得。
2014-09-13---イスラム国家、「イギリス人の人質を処刑」し、動画公開。
2014-09-13---イランは、イラクの IS(Islamic State)と戦うと宣言!
2014-09-12---ISIS、ISILあるいはIS、どれが正しいのか?
2014-09-11---オバマ米国大統領は、IS戦広大で、「権威を持っている」と言った。