2014-09-16

ウォルマートとアップルのモバイル・ペイメント戦争は、どこへ行く!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、 WSJ(The Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)によれば、2つの主要な米国の小売り業者ウォルマート(Wal-Mart)とベスト・バイ(Best Buy)が、iPhone 6を許可しないだろうと予測していると報告した。
また、iPhone 6は、Apple Payが10月に開始する場合に、それらの店の中でNFCに基づいた支払をするためにユーザーを増やす。

両方の巨大小売店は、多くの主要な米国チェーンに支援されるライバルの支払いサービスMCXを支持している。

今月の初めに、MCXは、CurrentCと呼ばれる自社ブランドおよびアプリを柔軟に始めた。

アップルは、主要なクレジットカード会社、大手銀行およびいくつかの小売り業者の間のその新しい支払いサービスの支援の獲得に熟達していると分かる。

MCXの後援者は、ウォルマートとベスト・バイと同様にダンキンドーナツ(Dunkin’ Donuts)、ギャップ(GAP)、Kマート(Kmart)、オールド・ネービー(Old Navy)、セブンイレブン(7-Eleven,)、シアーズ(Sears)およびターゲット(Target)のようなチェーンを含んでいる。

しかし、CurrentCの全国初公開は来年まで予定されていない。

さらに、その後援者がみな実際にそのサービスを導入するかどうかは明らかではない。

アップルは先週発表した、多くの主要な小売り業者、それはそのペイメント・サービスを支援した、ブルーミングデール(Bloomingdale’s)、ディズニーストア(Disney Store)、メーシーズ(Macy’s)、マクドナルド(McDonald’s)、ステープルズ(Staples)、サブウェイ(Subway)、ウォルグリーン(Walgreens)とホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)を含んでいる。

アップルの支持者とMCXの会員の間にクロスオーバーはない。

しかし、ホール・フーズ・マーケットは、既にサンドイッチ・カウンター、ジュースおよびコーヒーバーを含むその店、ピザ屋およびビールのうちのいくつかおよびワインバーで支払いを扱うSquareと関係している。

アップルは、金融界に署名することにおいて強いと分かった。

3つの主な決済ネットワーク、アメリカン・エキスプレス(American Express)、マスターカード(MasterCard)およびビザ(Visa)は、すべてあり、に搭載されて、バンク・オブ・アメリカ( Bank of America)を含むカード会社でもApple Payでも、キャピタル・ワン・バンク(Capital One Bank)、チェイス(Chase)、Citiおよびウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)を含んでいる。

ただし、Apple Payは米国的だが、国際的にはすでに古い。

また、Alibabaが登場すれば、ウォルマートやベスト・バイより大きいかもしれない。

米国の小さな市場で喧嘩している場合ではない。

それは、まるで周囲全部と喧嘩している中国の国家主席習近平長(习近平/President Xi Jinping)のようにも感じる。

2014-09-12---ショック!米国最大の小売り店Walmartで、アップルのペイメントは無効。
2014-09-04---MCXソフトは、CurrentCブランドとAppを立ち上げた。
2014-09-09---アップルは、大きなiPhone、Apple Watch、モバイル・ペイメントを発表。
2014-09-11---アップルは、ペイメント・プレーを確認。