2014-09-12

タイの女性は、ワニ園に飛び込んで自殺。

自然観光

BBC Newsは2014年09月16日に、バンコク郊外の爬虫類園のワニの池に飛び込んで、65歳の女性が自殺したと警察が言ったと報告した。

バンコク・ポスト(The Bangkok Post)からの情報によれば、目撃者は、ワンペン・インヤイ(Wanpen Inyai)が、サムット・プラカーン・クロコダイル・ファーム・アンド・ズー(Samut Prakarn Crocodile Farm and Zoo)の池へ2014年09月12日金曜日にジャンプするのを見た、と言ったと報告した。

スタッフは彼女を救うことができなかったと言っている。

警察は、ワンペン・インヤイが死に先立って元気がないように見えたと家族によって彼らが伝えられたと言った。

タイの観光名所はしばしば緩い安全規則を持つと言われている。

タイの警察は2014年09月16日火曜の午後にワンペン・インヤイの死を確認した。

報告書によれば、彼女は、何百匹もの成熟したワニを含んでいた深さ3m以内であると言われていた池の中間へジャンプする前に靴を脱いだ。

バンコク・ポストによれば、スタッフは、ワニが彼女を攻撃するのを止めるために長い杖を使用しようとした。

その日の早くに、彼女の失踪を発見した後、ワンペン・インヤイの家族は、行方不明者報告書を提出しようとした。
しかし、伝えられるところによれば、それらは、24時間待つように命じられた。

伝えられるところによれば、彼女の死は、2002年に自殺した女性とそっくりだった。10年前に、同じ場所で、同じ方法で、別の自殺は起こった。

ワニ園の所有者ウテン・ヨウングプラパコルン(Uthen Youngprapakorn)は、既に農場が通路に沿った、追加のフェンスおよび他のセキュリティ対策をインストールしていると地元ラジオ局に伝えた。

ワニ園には、100,000匹を超えるワニがいるとそのWebサイト上で主張している。

農場の写真は、大きな池の上に位置していて、胸の高さのレールがある通路によって接続されて、竹馬上の木製のパゴダを示している。

そう言えば、昨年大洪水にワニが逃げ出したと写真が崩壊されていた。

サムット・プラカーン・クロコダイル・ファーム・アンド・ズー(Samut Prakarn Crocodile Farm and Zoo)のGoogle Earthポインター情報
13°34'20.7"N 100°35'52.4"E
または、
13.572428, 100.597883