gaYa広告

2014年09月14日

ブリュッセルのユダヤ博物館を再開。

宗教戦争と平和

BBC Newsは、ブリュッセルで流行のサブロン・エリア(fashionable Sablon area of Brussels)にある19世紀タウンハウスでは、ベルギーのユダヤ博物館(Jewish Museum of Belgium)が、一般にそのドアを再び公開する準備をしていると報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

4か月前に、銃撃犯は、博物館入口へ発砲を始め、2人の博物館労働者とイスラエル人のカップルである4人を殺した。

画廊と骨董品で満たされた静かで修繕された通りで、今それらの場面を想像するのは難しい。

「私たちは将来の間多くの展示を計画します。」
「もちろん、それは今異なるでしょう。私たちは、この事件が背負うものと重要性を持ちます。また、この傷は私たちととどまるでしょう。それは時間で破壊されないでしょう。しかし、私たちは続行します。」と博物館のプレジデントであるフィリップ・ブロンダン(Philippe Blondin)が言った。

博物館スタッフは、あるいは接近しているものとして少なくとも、それが通常そうでありうるように、通常通りのビジネスになると決定された。

「私たちは育英事業を継続しています」
「私たちを沈黙させようとした人々の目的は失敗しました。」と博物館の書記長ノーバート・チゲ(Norbert Cige, the museum's general secretary)が言った。

この抵抗にもかかわらず、しかし、明白な神経過敏がある。

セキュリティはきつい。
警官は警戒を立てる。
また、ビジターは新しくインストールされた金属探知器を通り抜けなければならない。

エントランスホールのそばの壁に、新しいブロンズ飾り額は4人の犠牲者を追悼している。

伴うメッセージはフランドル語、フランス語および英語で、
「この場所のテロリストによる臆病な殺人の犠牲者。」
「そこに常にあるだろう、1つの、その前に、そして1つの、その日後に。」博物館でのコミュニケーションのヘッドノチョウナ・ロンポンダ(Chouna Lomponda)は言った。

「私たちは、私たちに関するある無罪を以前に持っていました。だからといって、私たちが、この事態を軽く理解したわけではありません。しかし、私たちは危険を考慮していませんでした、私たちは攻撃のこの種の可能な目標でありえます。」
6月に、フランス生まれのイスラム教徒メヘディ・ネモウチェ(Mehdi Nemmouche)は、マルセイユ(Marseille)で逮捕された。

彼はそれ以来ベルギーへ引き渡されており、攻撃を行なったことで非難された。

その裁判は、ヨーロッパを全体で興味をもって見られていた。

ベルギーの検察官は、昨春ベルギーへ返る前に、シリアでメヘディ・ネモウチェが一年を過ごしたと主張した。

以前にシリアで人質として拘留されたフランスのジャーナリストは、メヘディ・ネモウチェが彼の捕獲者のうちの1人だったと主張した。

ベルギーで調査する裁判官は、裁判所が再制定を行ないたいかもしれないので、射撃の場面で何も変更されないという理解上で、任意の裁判中に再開するユダヤ人の博物館に同意した。

博物館が戻り、フィリップ・ブロンダンのチームは、マンガ家マルセル・ゴットリブの作品(the work of comic artist Marcel Gotlib)に基づいた新しい展示に取り組んでいる。

「日曜はシンボリックな日になるでしょう。私たちが彼らの同情の意を示し、結束を示した私たちを助けた人々すべてに会うので記念です。4か月の静寂の後、非常に再び私たちの社会に開く時間です。」と言っている。

2014-05-24---ブリュッセルのユダヤ博物館が、銃撃された!

ブリュッセルのユダヤ博物館(Musee Juif de Belgique/Jewish museum)のGoogle Earthポインター情報
50°50'26.8"N 4°21'12.0"E
または、
50.840772, 4.353328

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト