2014年09月12日

さらに大きなストーンヘンジの構想を描く。

超過去

ワシントンポスト(Washington Post)は、現在、一般に知られている「ストーンヘンジ(Stonehenge)」は、風にさらされた飛行機上に単独で立っている不気味な環状列石のイメージを喚起している。

しかし、新しい数値地図は、有史以前の記念碑がその方法を必ずしも見たものとは限らなかったことを示していると報告した。

私たちが非常に印象的であるとまだ感じる高さ24フィートおよび90,000ポンドのブロックは、実際に神社のはるかに大きな複合体の一部であった。
直径ほぼ0.5kmのより一様に大きな「最高の環状列石」を含みんでいる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

水曜日に公表された地図は、磁力計測定を使用して、構成された。
地下レーダーで調査した。
また、3Dレーザーはストーンヘンジに隠された景観プロジェクトで研究者(researchers at the Stonehenge Hidden Landscapes Project)によって走査した。

バーミンガム大学の考古学教授で、プロジェクト共同リーダーのビンセント・ガフニー(Vincent Gaffney, an archaeology professor at the University of Birmingham)「それは大きな考古学の地球物理学のサーカスに似ていました、町へ来る。」は言います。

「私たちは、すべてで、バイクで磁力計(magnetometers)を引くトラクターを持っていました。」

ストーンヘンジを囲むフィールドを横切ってこの機械類を運転して以前あったものの跡を検知する地面を「見る」によって、考古学者は有能であった。

それらの跡が、むしろ巨大な石の神社の残りよりamoebasの顕微鏡画像のように見えて、景観にしみとして現われた。

しかし、ビンセント・ガフニーは、多数の技術の使用が彼のチームに景観から「利用可能な大多数の情報を絞らせた」と言った。

また、一連の粒状のイメージから、考古学者は、1,250のサッカー・フィールド・サイズのエリアを測る17の別個の構造を改造することができた。

新しい発見中に、有史以前の穴である、「天文学の整列」、その形式で木造の先行するストーンヘンジの中で、死者のどの身体が儀式としてあったか、這い回って、正確に意味し、あなたがそれだと思うことは行う「defleshed」と、そして、もちろん、近くのDurringtonウォールでの「最高の環状列石」、世界で最大の環状列石であると信じられた。

発見は、私たちがストーンヘンジのまわりのエリアに関して考える方法を変更するべきである、とビンセント・ガフニーが言った。

荒廃した景観の中の分離された記念碑から遠くに、地図は、池、境界溝、および主な環状列石のまわりで房になった、より小さなサブ礼拝堂を完備していて、騒々しい複合体の絵を描いている。

彼は、イングランドの有史以前の居住者が4,000年前に集まったかもしれない古代の行列ルートの一部として、そのエリアの構想を描いた。

しかし磁力計が、最大の集いは、考古学的資料が少しより最近であることをそのために知った。

「1980年代の自由なフェスティバル中に、人々はボトル・キャップをどこでも落としました」とガフニーが笑って言った。

「それは単に磁力計を備えた小さな金属しみの質量です。」

「しかし、どのように群衆や、人々がそのような金属を落とさなかった期間にそのようなものを見ますか?」

もし、有史以前の人々がビールを飲んだなら、「その場所は上がることができました。また、あなたは知らないでしょう」と彼が付け加えた。

2013-09-08---ストーンヘンジは至軸に構築された、ということを発掘作業で確認。
2011-09-07---4000年前のストーンヘンジでの音を聞く!
2010-09-30---ストーンヘンジは、古代の観光地!?
1915-09-21---ストーンヘンジがオークションで落札された。
0000-12-22---「冬至」として知られ、季節の中点であるとみなされている。
-4000-00-00---イギリス南部に、現在のオランダとフランスからの移民してきた。

ストーンヘンジ(Stonehenge)のGoogle Earthポインター情報
51°10'44.04"N,1°49'35.23"W
または、
51.178900, -1.826453

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。