2014-09-12

中国週間:アップ・ダウン・クイズ。

政治経済宗教戦争と平和

BBC Newsは、ニュース中で、中国週間は勝者と敗者といった単純なゼロサム・ゲーム(zero-sum game)ではないと報告した。

そこで、判りやすくするため、誰がダウンで、誰がアップかを評価してきたと言っている。
そして、その結果は、中国に対する全体評価にもなる。

ダウン。
李克強首相(Prime Minister Li Keqiang)は、虚栄が痛めつけられた。

天津で開催された世界経済フォーラム(World Economic Forum in Tianjin)で、聴衆の多くは彼のセッションの終了の前に外に歩き出した。
李克強首相は、成長が軌道上にあり、外国企業が中国の反独占弾圧で選抜されていなかったと財界人に再保証していた。
そうすると、なぜ何人かの代表は体制を嫌って去ったか?
私は、そこにいなかった。
しかし、発言権の退屈と飢えで、くらかは自分の役割を果たした。
しかし、代表が首相のアドレスの後に質疑応答での追しょうについて不平を言って、退屈は自らに課したかもしれない。
これは鳴り響きいた。
李克強が5月にロンドンでスピーチを行い、私が聴衆としていたときを思い浮かんだ、ごますり(grovelling)質問は、スピーカーがそれらのベストを与えるのを助けなかった。
公の綱領で挑まれない政治家はハムスターにウサイン・ボルトが400mをぶつけることに似ていた。
誰でも、生きる意志を失う。

ダウン。
中国の誇れる国営テレビ局CTVは、オバマ米国大統領の国家安全保障担当補佐官スーザン・ライス(US President Obama's National Security Adviser Susan Rice)を前ジョージ W. ブッシュ元大統領(President George W. Bush)の大統領補佐官コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)と混同しました。
何人かがそれを見たとして、「間違った米を出す。」と冗談を言った。
それは厄介でであった。
しかし、この種の大失策が任意の使用中のニュースルームの中で起こるかもしれないとともに、CCTVには私の同情があった。
また、ストーリーの重大な部分への冗談を越えて、ライスは、イラクとシリアでイスラム国家ジハード戦士グループ(the Islamic State jihadist group in Iraq and Syria)に対する広い連合に、中国が参加するべきであるという提案に耳を貸さないホストを見つけた。
オバマ大統領は、中国が30年間グローバルな「フリーライダー(free rider)」だったと言うことにより、先月北京をじらした。
そして今週、人民日報(People's Daily)は、中国政府の吹き口として、フリーライダー自体、他のものにラベルを適用する前に米国がどれくらいの時間だったかごろについて考えるべきであるということを言った。
その読者がどれくらい長く、任意に確信がなくていた場合、人民日報は、第1と第2世界大戦で「フリーライダー」であることにより、米国が世界で最も強力な国家になったことを説明することにより、それらを支援した。

潜水艦乗組員センスの中でのみダウン。
伝えられるところによれば、ベトナムは2隻の高度なロシアの潜水艦を手に入れた。
11月に3隻目、2年以内にさらに3隻が続くと言われている。
ベトナムの乗組員が、より弱い力がより強いライバルを略奪することを可能にする「海否認」戦術のリハーサルをして、サンクトペテルブルグ沖の海で練習していることが報告された。
そしてそれは、南シナ海で競争している領有権主張があれば、これが中国物語になるところでary。
非対称戦(Asymmetric warfare)はもちろんベトナムの古い歴史からよく理解できる現代のゲームである。
今、それらは、地上からから海にゲーム会場を持っていった。

中国は、国内戦以外で、どこにも勝ったことがない。
ベトナムは、米国に勝った。

われわれすべてのダウナー。
陰気な世論調査は、中国のことで半分以上を示唆する。
また、ほとんど日本人の3分の1は、国家がその十年間の終わりの前に結局互いとの戦いに行くだろうと今思考えている。
The Genron/China Daily数字は。それぞれ53%および29%であった。
日本人の記録的な93%は、それらが中国の否定の視界を持っていたと言った。
また、日本に不利と見た中国人の割合は87%であまりよくない。
これは私を本当に、下っているように感じさせる。
そして、何かにで、動きも起こっている 。

中国は、国内戦以外で、どこにも勝ったことがない。
日本は、米国に原爆で負けたが、中国とロシアに勝った。

アップ。
自転車。
北京では、より常にきつい反腐敗キャンペーン手段で、役人は再び自転車に乗らなければなっていない。
また、私たちが習近平のトピック上にいる間、弾圧を反接ぎ木する。私は、mooncake乱用がカットを支援したかもしれないと報告するためのホットラインを推測し、現金あるいは蓮ペーストではなく、宝石が詰められたケーキの数になっている。

アップ。ダウン。あるいは単純にに鏡ガラスによって?
中国政府のスポークスマンは、今週、新聞インタビューにおいて、ダライ・ラマが死ぬとき、彼が生まれ変わらないかもしれないことを示唆することの理由で譴責した。
共産主義政府と無神論者を表わすにもかかわらず、中国の外務省スポークスウーマン华春莹(華春瑩/China's Foreign Ministry spokeswoman Hua Chunying)は、
「ダライ・ラマの肩書きは中央政府によって与えられます。それには何百もの数年間の歴史があります。ダライ・ラマ14世は背後に秘めた動機を持っており歴史を曲げて否定しようと努力しています。それはチベット仏教の正常な順序に破損しています。」と言った。
ご都合主義の宗教理解は、地獄に落ちる!
霊魂再来政治(Reincarnation politics)には長い歴史がある。
また、チベットの追放された精神的指導者が来年80歳になり、彼が死ぬ場合に、中国の操り人形が続かないようにする方法について心配しているとすれば、霊魂再来政治にはさらに発熱の将来があるかもしれない。
そのように、私たちが起きる人で終わっている間、この上の温度を見ると、その80歳の誕生日として高く飛ぶ、アプローチになる。

もし、好き嫌いで、習近平とダライ・ラマにアンケートで投票させたら、どのような結果になるだろう。

日本人、アメリカ人、ヨーロッパ人のほとんどが、ダライ・ラマというだろう。
習近平が好きなのは、中国からのお金を欲しいと考えるごますり(grovelling)だろう。

2014-07-07---習近平は、日本に対する怒りを刺激しようとしているのか?
2014-06-01---中国は、「挑発的な」スピーチとして、日本と米国を非難。
2014-05-18---ベトナムの反中デモで、中国人3000人以上が出国。
2014-05-14---ベトナムの反中デモ、暴徒化。
2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?
2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。