gaYa広告

2014年09月09日

温室効果ガス・レベルは1984年以来最も速く上昇している。

自然

BBC Newsは、新しい数字によれば、大気のCO2の急増は、温室効果ガスのレベルが2013年に最高レベルに達するのを見た。

2012年と2013年の間の大気中の二酸化炭素の集中は、1984年以来それらの最も速い速さで成長した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

WMO(World Meteorological Organisation/世界の気象の機構)は、それが地球の気候条約の必要を強調すると言った。

しかし、イギリスのエネルギー大臣エド・デーヴィ(UK's energy secretary Ed Davey)は、以前に思い描かれたとともにどんなそのような合意も法律上拘束力のある排出削減 排ガス削減を含まないかもしれないと言った。

WMOの年次報告「温室効果ガス公報(Greenhouse Gas Bulletin)」は発電所煙突からの放出物を測らないで、その代わりに、温暖化ガスの多くが空気、土地と海の間で起こる複雑なインタラクションの後、空気のままである方法を記録する。

すべての放射のおよそ半分は海、木および生き物によって取り上げられる。

公報によれば、大気中の全体的に平均された量の二酸化炭素は、前年から約3ppmの増加し、2013年に396ppm(ppm)に達した。

「温室効果ガス公報は、大気中の二酸化炭素の集中は昨年、落ちるどころかほぼ30年間最も速い速さで実際に増加したことを示す。」とWMOの事務局長ミヘル・ジャラード(Michel Jarraud)が言った。

「我々は、CO2および他の温室効果ガスの排出を全面的にカットすることにより、この傾向を逆にしなければならない。」と彼が言った。

大気のCO2は今、産業革命のスタートの前1750年のレベルから、142%である。

しかし、世界平均温度は地球温暖化が休止したと主張する多くの音声に結びついて、CO2の中の持続的成長と協力して上昇していない。

「気候システムは線形ではありません。それは真直ぐではありません。」
「それは、大気中の温度に必ずしも反映されていません。しかし、あなたが海洋の温度プロフィールを見れば、熱は海洋に入るでしょう。」とWMOの大気調査部門のチーフであるオクサナ・タラーソワ(Oksana Tarasova, chief of the atmospheric research division at the WMO)が言った。

公報は、2013年には、CO2の増加が増加した放射だけでなく地球の生物圏による縮小された炭素摂取にもよったことを示唆する。

WMOの科学者はこの開発に戸惑っている。

縮小が炭素を吸収する生物圏の能力にあったその最後の時が、バイオマスの広範囲な燃焼が世界的にあったエル・ニーニョ条件と結び付けられて、1998年だった。

「2013年には、生物圏への明白な衝撃はない。したがって、心配はより多い」とオクサナ・タラーソワが言った。

「これが一時的な場合、あるいはそれが永久の状態である場合、我々は理解しない。また、我々は少しそれを心配する。」
「それは、生物圏がその限界にあるということでありえる。しかし、我々は今のところそれが分からない。」
WMOデータは、メタンと亜酸化窒素のような、二酸化炭素および他のガスが大気中のそのような長い間残存するので、1990年から2013年の間に、34%の増加が気候への暖まる影響にあったことを示す。

初めて、公報は、二酸化炭素によって引き起こされた海の酸性化のデータを含んでいる。

WMOによれば、海洋は毎日、1人当たり約4kgのCO2を取り上げる。

彼らは、酸性化の現行価格が過去3億年にわたって先例がないと信じている。

大気と海洋の証拠は、その問題に取り組む緊急の集中された政治的行為の必要を強調すると、ミヘル・ジャラードは言う。

「我々は知識を持っている。また、我々には、アクションが試みるべきツールがある。我々の惑星に機会を与えて、かつ我々の子どもたちと孫に将来を与えるために2C以内の温度増加を維持する。」
「無知の弁護はもはや作用しないことに対する弁解でありえない。」と彼は言った。

世界の政治指導者は、国連事務局長潘基文によって召集され、特別の首脳会議に向かってニューヨークで2014年09月23日に集まる。

希望は、この会が2015年の終わりまでに新しい国際的な気候変化を伝えることを目標とする長年の交渉をキックスタートさせるであろうということである。

この合意の正確な法的な性質はまだ論争の討論の主題である。

来年の終わりにパリにおいて意見が一致したために、イギリスのエネルギー大臣エド・デーヴィは合意セットとして、イギリス政府のロードマップを概説した。

「法律上拘束力のある」その協定の必要を強調して、デーヴィは放射縮小の実際の目標がその用語までにカバーされないかもしれないことを説明した。

デーヴィは、パリの取り引きが地球温暖化のインパクトを制限するのをただ支援するわけではあらないだろうと強調した。
それは、世界中の低い炭素エネルギー生産への重い推移をキックスタートさせると予測してる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。