gaYa広告

2014年09月05日

「アイスバケットの挑戦」が、経済封鎖のイランへ広がった!

美容と医学の科学

BBC Newsは、氷水を頭からかぶる「アイスバケットの挑戦(The Ice Bucket Challenge)」が世界的に広がり、イランの人々は、ALSのための資金を調達するために氷水に没頭していると報告した。

しかし、現実はイラン人が寄付する主な米国チャリティーALS(筋萎縮性側索硬化症)協会の人々にお金を与えようとした時、国に対する制裁はことをことできないことを意味した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは、他のレベルの混乱と水不足を加えて、#BBCtrendingする報告書は、イランで挑戦を行うもことが適合しなければならなかった多くのことをイランで意味したと言っている。

いっそのこと、ロシアでもやれば良かった!

そして、寄付されたお金は、アメリカの団体だけに流れる。

Wikipedeiaもそうだった!
アメリカ以外は、道化であった。

それでいて、アメリカ人は、哲学を述べる?

だから、「アイスバケットの挑戦(The Ice Bucket Challenge)」はアメリカン限定すべきだった。

結局それは、「不幸の手街」真夏の氷水かぶり版イベントだけであった。
米国の福祉団体も、かなりいい加減な金儲けをしている。

2014-09-02---「アイスバケットの挑戦」は、報道中の飽和点に達している。
2014-08-29---人種差別の激しい米国で、「氷水チャレンジ」の寄付金をどう管理するのか?
2014-08-19---真夏に、頭へバケツ一杯の氷水をかぶる「アイスバケットの挑戦」

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告