2014年09月05日

犬のレントゲン写真を撮ったら、お腹から43足のソックスを発見!

自然

BBC Newsは、患者の不快の原因を発見した時、病気の犬で働く米国の獣医は衝撃を得た。
なんと、43足半のソックスが見つた。

64kgのグレートデーンには、ソックスを噛むことへの類似性だが、ほかでそれらを呑み込んでいることを知って犬は、誰もなかったと動物病院からのスポークスウーマンは言ったと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

2月に、その犬で働いた獣医は、それらが動物から取り出した最多のソックスであると言った。

回復した犬は、奇妙な食習慣のために賞を受賞した。

オレゴン州ポートランドのDoveLewis緊急動物病院は、「X線は、犬の胃の中で大量の異物を明らかにし、それらを削除するために、犬が外科で取り出すように指示する。」と声明で言った。

「「資料」は結局、皆の非常に驚きで、43.5足のソックスだった!犬は翌日滑らかに回復し、家へ放出された。」

獣医用のマガジン獣医実行ニュース(magazine Veterinary Practice New)によって行われている空腹の犬について、「They Ate WHAT?(それらは何を食べた_」というタイトルをつけられたコンテストで3番目の場所をとった。

トップの賞は、彼のかごからの30を超える装飾的な岩を食べた蛙に与えられた。

不思議なコンテストがあるのに驚く!

家からどんどん消えていく靴下のミステリー、犯人はおまえだ!
中には、鼻が曲がりそうな臭い靴下もあったことだろう。

便秘の方、あなたは靴下を食べた記憶はないですか?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。