2014-08-14

BAIカナダは鉄道WiFiを拡張。

観光経済未来

Cellular-Newsは、BAIカナダ(BAI Canada)とTTC(Toronto Transit Commission/トロント・トランシット委員会)は、すべての地下地下鉄ステーションまでWiFiと携帯電話の能力を拡大する、より広い計画の一部として無線通信インターネット・サービスを赤褐色のステーションへ持って来たと報告した。

ブルア・ヤング(Bloor Yonge)とセントジョージ(St. George)は2013年12月に、WiFiを得る最初の2つの駅であった。

作業は既に、ウェルズリー(Wellesley)、カレッジ(College)、ダンダス(Dundas)およびユニオン・ステーション(Union stations)で始まったた。
また、より低いループを包含する18駅とSpadinaステーションが2015の第1四半期までに、2015年7月のToronto 2015 Pan/Parapan Am GamesまでにWiFiサービスを持つ。

ブルア=ヤングとセントジョージ・ステーションのWiFi導入は、TConnect、BAIカナダの無料着手に付属し、WiFiサービスに公、後援を受けた。

TTCの乗り手に無料WiFiを供給するために、TConnectは、モデレズ(Mondelez)、ティム・ホートン(Tim Hortons)、トロント・シティー(City of Toronto)および現在のコード(Koodo)のようなブランドでいた。

着手以来、TConnectネットワークは150万回を超え、200,000人を超えるユニークなユーザーによってアクセスされた。

6月に、単独で、TTCの乗り手はWiFiネットワーク上で3テラバイト以上のデータを使用した。

BAIカナダおよびTTCは、プラットフォーム、中二階、通路および階段の吹き抜けを含むすべての地下鉄ステーションで、公共区域にWiFiと携帯電話のインフラストラクチャーを提供している。

このサービスの設置は、TTCとトロントの納税者にコストなしで起こる。
BAIカナダはネットワークをインストールし、操作する権利のために、20年にわたってTTCにUS$2500万を払っている。

プロジェクトの第2段階はTTCのトンネル内の携帯電話ネットワークの拡張である。

この作業がすべて3〜4年で完了していると予想されている。

つまり、公共空間は、WiFiと携帯電話ネットワークの並列で作業を実施し、ユーザーに対応している。

この考えは、劣化が早い無線通信では重要で、片方だけの場合は、劣化の修正が困難になる。

桝添東京都知事にも、新しい無線環境の構築をお願いした。
都市には、未来の夢を託したい。