2014-08-14

ボーダフォンのM2M上昇。

未来

Cellular-Newsは、M2M(Machine to Machine)は昨年、全体的に80%以上増加しました。
また、ボーダフォン(Vodafone)は、南北アメリカの会社の半分以上が2016年までにM2Mをインプリメントするだろうと予言していると報告した。

以前は、インターネットと分離された機械あるいはデバイスをIPに接続する「モノのインターネット」を可能にするM2Mは、現在の接続している装置44億から、2018年までに103億まで成長する準備ができている報告している。

ボーダフォンの南北アメリカのためのM2Mヘッドであるアンドリュー・モラフスキ(Vodafone's head of Machine-to-Machine for the Americas, Andrew Morawski)は、「私たちは、組織が革新、原価の削減および生産性を駆り立てるその可能性を実現するとともにM2M採用が上昇するのを見続けています。」
「M2Mは、ますます、バックオフィスから会社がモノのインターネットの競争上の優位と商品価値を運転することを期待するとともに適用に直面する顧客へ移っています。」と述べている。
M2M戦略を実践するアメリカの組織のほぼすべてである96%は、より大きな競争上の優位、顧客サービスおよび生産性のようなそれらのROI(return on their investment投資)に対する収益を経験した。

採用のための障壁は残り、管理するセキュリティ上の問題およびグローバルな配備の挑戦を含んでいることで、4Gの増殖が多くのM2MソリューションのためのROI方程式を改善し、新しいものを可能にする、と予想できる。

現在、4Gモバイルが、アメリカの組織の81%は、あるいはそれらのプロジェクトにとって非常に重要であると言った。

グローバルなレベルで、自動車、家電およびエネルギーおよびユーティリティの3つのセクターが、ほぼ30%の普及率でM2Mのメイン・ランナーとして出した。

自動車は、最大で、今、M2Mがリモート・メンテナンスと情報娯楽のような追加サービス用のイネブラーと見なされているセクターに成熟している
「スマート」ホームとオフィスは、インテリジェント・ヒーティングや接続していセキュリティが一般化し、人気を獲得するとともに、エネルギーとユーティリティ中のM2M採用はさらに急速に成長している。

ボーダフォンの報告書は、家電セクターが倉庫から居間へ変更の最先端に立っていることを示している。

この理解力は、スマートテレビおよびゲーム・コンソールのような接続しているデバイスのM2M使用によってあおられている。

その研究は、新製品、ロジスティクスあるいは生産用で、ほぼ34分の1の家電会社が2016年までにM2Mのある形式を採用しているであろうことを示している。

同様に、その報告書は、ヘルスケアとライフサイエンスの会社の57%が2016年までにM2M技術を採用しているだろうと予想している。

M2Mにリードされたルーティング、仕事割付けおよび保修計画がさらに明白になるので、輸送およびロジスティクス・セクターでの吸上げ通風管は速い管理利点によって運転されると予測している。

Machina Researchの主席アナリストであるマット・ハットン(Principal Analyst at Machina Research, Matt Hatton)は、「私の展望からの最も面白い発見はM2Mを展開させるために、会社が与えている異なる理由の範囲です。」と言った。
「歴史上、M2M技術は、付加的なクール製品の特徴を加えるか、あるいはある種類の内部プロセスをモニターするために飛び出される傾向がある。私たちは、M2Mで、組織がどのように取引するかにとって必須になっていることを現在理解している。
ある場合には、M2M採用がさらに新事業機会を作っている。これらの技術は、会社が顧客に配るまた通信する入り口を根本的に変更している。」と言った。

Circle Researchによって実行された調査は、M2Mインプリメンテーションの主要な世界的調査でそれを1作って、14カ国で7つの基幹産業の中に、M2M戦略を決定することに関与する600人を超える幹部の視界を捕らえた。

どうも将来に向けて、M2M、Big Datamさらに、IoTがメインテーマになるといえる。