2014-08-14

ケリー米国務長官の空軍機故障!急遽民間機に変更。

戦争と平和政治

AFPは2014年08月15日に、米国のジョン・ケリー(John Kerry)国務長官は2014年08月14日に、通常利用してる空軍機の故障により、ハワイ(Hawaii)からワシントンD.C.(Washington D.C.)への移動に民間航空便を利用したと報告した。

アフガニスタン、オーストラリア、ミャンマー、ソロモン諸島歴訪を終え、帰国の途に就いていたケリー(John Kerry)国務長官だったが、ハワイのホノルル(Honolulu)で、通常利用している空軍のボーイング(Boeing)757型機に「電気系統の故障」が見つかったため、同行している政府職員やAFPを含む記者団の多くと米ユナイテッド航空(United Airlines)便を利用することとなった。

この事態にケリー長官は「やっとマイルがもらえるよ」と冗談を飛ばした。

ケリー長官は、バラク・オバマ(Barak Obama)大統領が掲げるアジア太平洋地域を重視する「リバランス(再均衡)」政策の一環として各国を歴訪していた。

最近、ボーイングの飛行機が良く落ちているので、気をつけて欲しい。
落ちて死んだら、米国の航空機は信用されなくなる。

2014-07-18---ウクライナで墜落したマレーシアの航空機MH17で知っていること。
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。
2014-03-07---ドリームライナーの翼割れ目があるかチェック!
2014-01-14---ボーイング787は、またバッテリー問題で日本から飛び立てない。