2014-08-14

またまた、訳の分からない英語が一杯オンライン辞書に加えられた。

アートファッション言語

BBC News、アメリカの雑誌「TIME」は、オクスフォード・オンライン辞書に加えられた最新の新語中に、「Yolo』というのがあると報告した。

意味は、頭字語(acronym)で、「あなたは、1回だけ生きるだけです。(you only live once)」の超縮小版単語である。

こんなの必要か?
混乱させるだけでは?

「adorbs」は、かわいい(cute)か愛らしい(adorable)と言う意味で、
「binge-watch」は、熱心に、何かを見てください(avidly watch something)と言う意味になる。
「binge」には、不節制と言う意味があるので、「どんちゃん騒ぎの監視」かと思ったら、まったく間違っていた。

私が使い切れない単語が、増えただけである。
昔、ロンドンに長く住んでいた日本人の人が、新聞や雑誌で新しい単語を探し出すと喜んでメモをしていたが、もう限界だろう。

今回増えたのは、

acquihire (n.): buying out a company primarily for the skills and expertise of its staff.

adorbs (adj.): arousing great delight; cute or adorable.

air punch (n.): thrusting one’s clenched fist up into the air, typically as a gesture of triumph.

amazeballs (adj.): very impressive, enjoyable, or attractive.

anti-vax (adj.): opposed to vaccination.

binge-watch (v.): watch multiple episodes of a television program in rapid succession.

bro hug (n.): a friendly embrace between two men.

clickbait (n.): (on the Internet) content whose main purpose is to attract attention and draw visitors to a particular web page.

cray (adj.): crazy, but without that time-consuming extra syllable.

Deep Web (n.): the part of the World Wide Web that is not discoverable by means of standard search engines.

doncha (contraction): don’t you.

douchebaggery (n.): obnoxious or contemptible behaviour.

e-cig (n.): another term for electronic cigarette.

fandom (n.): the fans of a particular person, team, series, etc., regarded collectively as a community or subculture.

fast follower (n.): a company that quickly imitates the innovations of its competitors.

5:2 diet (n.): a diet that involves eating normally for five days out of a seven-day period and greatly restricting the amount of food eaten on the other two days.

FML (abbrev.): (vulgar slang) f— my life! (used to express dismay at a frustrating personal situation)

hate-watch (v.): watch (a television program usually) for the sake of the enjoyment derived from mocking or criticizing it.

hot mess (n.): a person or thing that is spectacularly unsuccessful or disordered.

hot mic (n.): a microphone that is turned on, in particular one that broadcasts a spoken remark that was intended to be private.

humblebrag (n. & v.): (make) an ostensibly modest or self-deprecating statement whose actual purpose is to draw attention to something of which one is proud.

hyperconnected (adj.): characterized by the widespread or habitual use of devices that have Internet connectivity.

ICYMI (abbrev.): in case you missed it.

listicle (n.): an Internet article presented in the form of a numbered or bullet-pointed list.

live-tweet (v.): post comments about (an event) on Twitter while the event is taking place.

mansplain (v.): (of a man) explain something to someone, typically a woman, in a manner regarded as condescending or patronizing.

mud run (n.): an event in which participants negotiate a course consisting of obstacles filled or covered with mud.

neckbeard (n.): growth of hair on a man’s neck, especially when regarded as indicative of poor grooming.

Paleo diet (n.): a diet based on the type of foods presumed to have been eaten by early humans.

second screen (n.): a mobile device used while watching television, especially to access supplementary content or applications.

sentiment analysis (n.): the process of computationally identifying and categorizing opinions expressed in a piece of text.

side boob (n.): the side part of a woman’s breast, as exposed by a revealing item of clothing.

side-eye (n.): a sidelong glance expressing disapproval or contempt.

smartwatch (n.): a mobile device with a touchscreen display, worn on the wrist.

SMH (abbrev.): shaking (or shake) my head (used to express disapproval, exasperation, etc.).

spit take (n.): (especially as a comic technique) an act of suddenly spitting out liquid one is drinking in response to something funny or surprising.

subtweet (n.): (on Twitter) a post that refers to a particular user without directly mentioning them, typically as a form of furtive mockery or criticism.

tech-savvy (n.): well informed about or proficient in the use of modern technology.

time-poor (adj.): spending much of one’s time working or occupied.

throw shade (phr.): publicly criticize or express contempt for someone.

vape (v.): inhale and exhale the vapor produced by an electronic cigarette or similar device.

WDYT (abbrev.): what do you think?

YOLO (abbrev.): you only live once (expressing the view that one should make the most of the present moment).

こんなのを自由に使いこなせるイギリス人やアメリカ人がいるのだろうか?
いるとしたら、昔からの英語を忘れていることだろう。

すべてのもののために、そのような軽薄な用語が今オクスフォードから尊敬を得ているので、それらの羽ペンを羊皮紙にセットし、かつ英語の終了を宣言する準備ができている。
どうぞ、次のことを心に留めておくことは重要である。
これはオックスフォード英語辞典(Oxford English Dictionary)ではない。

家族のその腕は、より若い世代に絶えず承認を与えないでおく、重大で知的祖父にむしろ似ている。
言いかえれば、OEDエディターは、それらをその参照に加える前に、はるかにより歴史上で、重要なインパクトを持つことを言葉に要求している。

もっと、頑固爺になり、断固拒否すべきである。

Intellectual grandfather who constantly withholds his approval from younger generations(若い世代に絶えず承認を与えないでおく、知的祖父)になろう。

変に絵文字や顔文字も断固拒否しよう!(`ヘ´)

今頃は、MITでドクターを取得し、早稲田で文学部教授になった人は、公開していることだろう。
馬鹿は、きちんとした英語が話したいと言うが、その前に英語が脆くも壊れている。

きちんとした英語などもうない!

2014-07-24---世界にある素晴らしい書店。
2014-07-09---解読されたワールドカップ・スター10人の「入れ墨」
2014-07-08---ガーナの少女を偉大にするためのプロジェクト。学校でのガールパワーの授業。
2014-06-30---インド英語ではない英語がインドで爆発している。
2014-06-24---ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞を売り出し!
2014-06-02---第二言語の学習は、老化を防止する。
2014-05-07---私たちはいつ「blah, blah, blah」と言いだしたか?
2014-04-28---なぜテクノロジーの中で単語「革命」を捨てる時か。
2014-04-25---言語哲学者ジェームズ・ヒギンボーサムが死去した。
2014-04-23---なぜセント・ジョージはパレスチナのヒーローか?
2014-04-14---再考、図書館は死んでいます?
2014-04-09---北京で初めて,24時間の書店がオープンした。
2014-04-06---イギリスで大論争、交通標識にアポストロフィーは必要か!?
2014-01-17---失われた死語をスミソニアン・アーカイブは保存。
2013-12-09---なぜ、フランスの本は、海外で売れませんか?
2013-11-27---世界の崇高な図書館。
2013-10-03---フランスのオンライン書籍販売制限法。
2013-08-28---レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖スケッチ。
2013-08-10---キューバのハバナに、初めて英語の書店がオープン。
2013-06-13---世界最古のブック・フェアーと古書フェアー。
2013-02-01---歴史的な未来に向けた10種類の絵。
2012-12-14---インターネットはどのように言語を変更しているか!?
2012-12-11---中国7000年の歴史で生まれた女性用神秘の性用品。
2012-05-18---英語は難しい?フロリダの高校生の半分は読解テスト落第!
2011-12-14---パリで有名な英語版書店の創設者が死去した。
2011-11-15---英語「Disgust」の意味の進化?
2011-08-31---英語の先生は、アクセントや文法を間違えることが許される!
2011-07-14---スペル誤りで何百£も消えているオンライン販売!
2011-02-13---出版業界でデジタル販売と戦った米国の本屋ボーダーズが破産間近!
2011-01-21---アフリカ、コンゴのコミック!
2011-01-18---18世紀のオークション・カタログ2冊が売り出された。
2011-01-08---2010の本のベストセラーで判る書店の傾向と出版の成功の鍵!
2009-10-04---イギリス人学生より、海外からの留学生の方が英語が上手!?
2008-09-03---イギリス、落ちこぼれ救出予算3年間で1.69億ポンド
2007-12-17---トイレを口汚くののしった米国人女性は免罪!